がんを進行させる食べ物

がんにならない・進行させない食生活の秘訣とは

日本人の約半分が罹患するとの統計もあるがん。もちろん、予防できるなら、それに越したことはありません。ある研究によれば、がんの要因の30%程度は食事にあるとのデータが報告されています。

どのような食品に気をつければ良いのか、発がん物質が含まれている食事をはじめ、がんと診断された場合の食事の仕方をまとめました。

がんの要因は食事と喫煙習慣が半数以上を占める

がんの要因は食事が30%程度。そしてもうひとつ、喫煙も大きなウエイトを占めています。喫煙もがんの要因として約30%程度なので、食事と喫煙習慣が、がんの要因の半数以上を占めることになります。

食事をやめてしまうわけにはいかないため、まず、喫煙習慣のある方はタバコをやめることが重要です。喫煙はがんだけではなく、呼吸器系や循環器系など身体に多くの悪影響を及ぼすことは言うまでもないでしょう。そのうえで、正しい食生活を送ることができれば、がんのリスクは大きく低下すると考えられます。

発がん物質が含まれる食べ物

発がん物質は、「遺伝毒性発がん物質」と「非遺伝毒性物質」に分類されます。

「非遺伝毒性物質」もがん発生には関わっていますが、主に発生後の促進段階への関与だといわれています。一方で「遺伝毒性発がん物質」は、細胞のDNAに直接作用する可能性があり、突然変異をもたらして、がんを発生させるといわれています。

気をつけたい食べ物としては、以下のようなものがあるので参考にしてください。

日本酒で換算をすると、1日2合で40%、3合以上で60%程度、がんのリスクが上がるという研究がされています。

飲み過ぎは身体へのダメージ大きいので、がんにならないように気をつけたい方は1日1合以下に留めたり、休肝日をつくったりすることが大切です。

ただ、がん患者さんの場合、飲酒を自己判断するのは危険な行為。「飲酒が毎日のささやかな楽しみ」という方は多いでしょうが、抗がん剤治療をしている間は抗がん剤の効果に影響するため、主治医との相談が必要です。

塩辛いもの

塩辛いものは、塩分の摂りすぎになることがマイナス要因です。塩分の摂取過多は胃がんのリスクが増加するといわれています。胃に負担がかかるだけではなく、循環器系の疾患とも関連があるので塩辛いものは控えめにしましょう。

焦げた食べ物

焦げにも発がん性物質は含まれています。ただ、肉や魚などのタンパク質と、パンなどの焦げに含まれる物質は違います。

タンパク質の場合には「ヘテロサイクリックアミン」という物質が生成されますが、体重の4倍程度という膨大な量を摂らなければ心配ないとの説もあります。ただし、発がん性物質は体内に蓄積されますので、あまり摂取しないほうがよいでしょう。

パンなど糖質の多いものの焦げには「アクリルアミド」という発がん性物質が含まれていますので、注意しましょう。

加工された肉

加工肉や赤身肉などにも発がんの危険性があります。ただ、欧米人と違って日本人はそれほど大量に食べるわけではありません。日本人の平均的な摂取量の場合は、大きくリスクが上昇しないというデータがあるので、過度に心配しなくてもよいでしょう。

スナック菓子

スナック菓子といった加工食品は、塩・砂糖・塩分・保存料などが多く含まれている食品です。加熱することで発がん性物質が発生しやすい成分が含まれていることや、スナック菓子の包装材料にも発がん性物質が含まれている可能性があることが問題視されています。

食べ過ぎには気をつけてください。

もしがんと診断された場合に工夫したい食事の仕方

初診時から栄養管理を徹底する

がんの手術後に低栄養状態となり、筋肉量が減少すると日常生活にも不便を覚えるようになっていしまいます。がんを治療している間は何かとストレスを感じやすいため、身体の調子を整えるためにも栄養管理は初診時から徹底していきましょう。

献立は和食を中心にする

日本人は伝統的な和食が一番体に合っていると考える人は多いでしょう。栄養バランスにも優れた和食は、肥満になりやすい欧米的な食事よりも、世界的に健康食として注目を浴びています。

もしがんと診断されてしまったら、合併症の心配もありますから、バランスのよい和食は積極的に取り入れたいものです。とくに食欲が無いときなどは、慣れ親しんだ和食を中心に献立を考えることは、身体にもやさしい配慮といえるでしょう。

食が細い場合にはタンパク質などを多めに摂る

「食欲が無い」「手術後で食べるのが大変」など、がん患者さんの食事に関する悩みは多いものです。

あまり食べられないときには、野菜などよりも肉や魚、大豆などタンパク質を優先して食べましょう。体重の減少を抑えてくれるのはもちろん、筋肉量を増加させることにつながります。

食べることは体力を回復させるためにも重要なこと。無理に量を増やすのはかえって負担になるので、まずは少しずつ食べていくことを心がけてください。

胃に負担をかけないように、よく噛むというのも大切なポイントです。

熱い食べ物・飲み物は冷ましてから摂る

熱すぎる食べ物・飲み物は刺激が強く、身体がビックリしてしまうのでなるべく避けるようにしましょう。熱い物は、十分に冷ましてから摂取してください。

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト