フコイダン

海藻に含まれるヌルヌルの成分『フコイダン』は、抗がん作用があると学会で発表されて話題となりました。そんなフコイダンの特徴やがんへの効果、フコイダンを飲用した方の症例などを紹介します。

フコイダンとはどんなもの?

海藻フコイダンは、ワカメや昆布などの海藻を切った時によく出てくる、ヌルヌルに含まれている成分です。特に多いのはモズクだと言われ、ほかの海藻にくらべて5倍ものフコイダンが含まれているそうです。

フコイダンの成分は硫酸化フコースとグルクロン酸というものでできています。アガリクスなどに含まれる抗ガン作用を持つ成分・βグルカンとの違いは、硫酸基を含んでいること。硫酸基は多くの水を蓄えることができるので、ヌルヌル成分となっているわけです。

1996年にがんに関する医学会でフコイダンの抗がん作用についての論文が発表され、フコイダンを含む健康食品がブームとなったのは記憶に新しいでしょう。その後の研究により、フコイダンの抗ガン作用は、フコイダンと一緒に海藻類に含まれている、フコキサンチンなどの成分の複合的な効果によるものであることが分かってきているそうです。

フコイダンにはどんな効能があるの?

フコイダンには、マクロファージやNK細胞といった免疫細胞を活性化させる作用があり、これによって抗がん効果が期待できるそう。加えて、血流を促進させて代謝を上げたり、栄養吸収などをサポートする働きもあります。

フコイダンと一緒に海藻などに含まれている、フコキサンチンという成分は、がん細胞に直接働きかけて自滅(アポトーシス)を促す作用があるそうで、こちらの成分にも注目が集まっています。

フコイダンを飲用した方の症例を紹介

フコイダンを飲用した方の中から、がんの縮小や病状の好転が見られた例をいくつか紹介しましょう。

<50歳代・男性 すい臓がん>

腹部の張りや嘔吐で受診したところ、すい臓がんのステージⅣと診断。開腹したが肝臓などへも転移が見られ切除せず。抗がん剤の投与を始めてからすぐに、フコイダンのサプリメントを飲用し始める。

フコイダンを飲んで2ヶ月後から、10000近くもあった腫瘍マーカーの数値が500以下まで下がる。飲用開始から5か月後には腫瘍マーカーが正常値になった。

<36歳・男性 肺がん>

肺がんと診断されたが手術が困難な病巣のため、抗がん剤治療を選択する。半年間、抗がん剤治療を受けるも好転せず、病状が悪化。そこで、抗がん剤と併用してフコイダンのサプリメントを飲用することに。

飲み始めて数日で呼吸が楽になり食欲も増加、1ヶ月後には腫瘍のサイズが縮小して腫瘍マーカーも低下し始める。飲用して2ヶ月後の検査では病巣が消えているとの診断で、3ヶ月後には職場にも復帰した。

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト