カバノアナタケ

抗がん作用がある、有効成分を多く含んだカバノアナタケ。その特徴と効果や症例を説明。

カバノアナタケとはどんなもの?

カバノアナタケ
引用元HP:チャーガマガジン
http://chaga-magazine.com/post-63

「白樺のがん」と呼ばれるほどに、生命力が強いキノコがカバノアナタケになります。もちろん人体に悪影響はなく、別名チャーガとも呼ばれており、知る人ぞ知る健康食品のひとつです。

外見は毒々しいと言っても過言ではなく、岩石のように黒くごつごつした外観。しかし、中身は見た目とは裏腹に鮮やかなオレンジ色です。さらに、多糖類も多く含まれているのです。 ロシアや北海道といった寒い地域に生息する白樺に寄生し、白樺が枯れるほどに生命力を吸い尽くし、カバノアナタケは成長。白樺のがんと呼ばれる所以になります。

もともと、白樺には健康や美容に必要な栄養素が多く詰まっており、その栄養素をカバノアナタケは吸収し成長します。それが多糖類以外にも、ミネラルやサポニンといった栄養素が、カバノアナタケに含まれる要因です。

白樺が多く含んでいるベンリン酸は、抗がん剤の副作用を抑える力があり、カバノアナタケにもそれが含まれています。多糖類と合わせて、カバノアナタケにはがん治療や再発そして転移の脅威を予防する力があるのです。

主な摂取方法はお茶としてですが、カバノアナタケ茶は無味無臭という声が多く、非常に飲みやすいといわれています。長期に渡る摂取が非常に簡単ですので、誰でもがん予防にカバノアナタケを取り入れる事ができます。

カバノアナタケにはどんな効能があるの?

カバノアナタケ(チャーガ)に含まれる、βグルカンには免疫細胞活性化の効能があります。がんを発症すると、免疫力が低下してしまいますが、グルカンの力でそれを抑えられます。

ちなみに、グルカンには水溶性と不水溶性が存在しますが、カバノアナタケはその二種類が含まれています。よってグルカンの量は非常に多く、それだけでも優れたキノコと言えるでしょう。

ほかにも、がんで消耗してしまった体力を、回復させる効能もあります。カバノアナタケの摂取は、免疫力と体力が回復していくので、がん治療において強みが増すのです。

そしてカバノアナタケには、白樺から吸収したベンリン酸が含まれています。グルカンなどに比べると、聞きなれない物質かもしれません。しかし、含まれる栄養素はとても強力で、カバノアナタケの効能を引き立てているのです。

ベンリン酸には、抗がん剤の威力を増幅させたり、異常細胞を消滅させたりなど効能は多数。血管新生阻害作用もあるので、がんの働きに影響を与え、再発や転移を食い止めます。

数あるキノコの中でも、カバノアナタケに含まれる有効成分は実に多いです。抗がん作用のみならず、コレステロール低下や抗酸化作用など、幅広い効果が期待できます。

カバノアナタケを摂る上での注意点

現在カバノアナタケ(チャーガ)の、がん患者を対象にした有力な症例や研究結果はありません。カバノアナタケの有用性や副作用は、まだはっきりと解明されていないのです。

自己判断での摂取は危険ですので、摂る場合は必ず主治医に相談しましょう。

カバノアナタケを使用した方の症例・研究成果を紹介

症例、研究成果はありませんでした。

いま注目されている健康成分は?

がんの再発・転移予防に効果が期待される成分として、わさびに含まれているワサビスルフィニルが話題になっています。

ワサビスルフィニルは、解毒酵素の活性化、抗菌、活性酸素の発生抑制など様々な作用をもちます。[注1]特に解毒酵素の活性化作用は、他の野菜と比べて圧倒的に強め。

そのため、発がん物質の分解が促され、がんの再発・転移予防につながるのだとか。ほかにも、ピロリ菌の増殖抑制効果、血液サラサラ効果、免疫力アップ効果も期待されます。

ワサビスルフィニルは、日本原産のわさびに多く含まれるのが特徴。

西洋わさびが主体のチューブわさびでは摂取できません。日本原産のわさびをすりおろした、生わさびから摂取できます。[注2]

>>注目の成分ワサビスルフィニルとは?ワサビががん治療にもたらす効果を詳しく見てみる

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト