東洋医学(漢方・鍼灸)

体を温めたり血流を促進することで、自らが持つ免疫力や自然治癒力を高めることを目的としている鍼灸や漢方。それら東洋医学の考え方に基づいた、がんの全身治療について、まとめて解説しましょう。

東洋医学(漢方・鍼灸)

がんの治療法として代表的な抗がん剤治療。しかし、その治療効果の高さから副作用も大きく、がん治療経過後、末梢神経障害や口内炎、悪心嘔吐・食欲不振、便秘・腹部膨満、筋肉・関節痛、倦怠感、骨髄抑制などの症状を訴える症例が報告されています。

患者の体に重い負担がかかるのが抗がん剤治療の大きな課題です。また、抗がん剤治療のもう1つの課題として挙げられるのが、がんの薬耐性。長期的に抗がん剤治療を続けていると、がんが抗がん剤を認識し、有効成分を体外に排出してしまうリスクも。

これらの課題に対し、医療界では患者の負担を少しでも減らしつつ、より効果の高い治療法を打ち出すため漢方薬の処方を支持療法に組み込む動きが出てきました。

まず副作用に関する対策では、西洋役で対応できない末しょう神経障害や口内炎などの症状に対し、漢方薬が有効に働くことが分かっています。また、西洋薬は治療効果を得るために薬の濃度を上げ、体に毒性を与えてしまう懸念がありました。一方、漢方薬は低濃度の生薬を数種類組み合わせて薬を作るため毒性が低く、あらゆる副作用の緩和に有効です。

抗がん剤に耐性のあるがん細胞に対しても、漢方薬が有効だとされています。抗がん剤と併せて服用することによって、漢方薬が抗がん剤排出活動を弱めるという結果が報告されました。このような点から、漢方薬は人の体にやさしいがん治療法の手段として現在注目されているのです。[注1]

漢方薬でがん治療に耐える体力を養う

漢方東洋医学は、気の流れや血流を改善することで、体全体の調子を整える治療法がメインです。

漢方薬についても同様で、主に体力維持や疲労回復、食欲増進などを目的に、様々な薬を組み合わせて処方します。

代表的なものとして、十全大補湯や補中益気湯、人参湯などが挙げられますが、これらはいわゆる“がん細胞を減らす治療”を行うものと言うよりは、病後の滋養回復に効果があるとされる処方です。

このように、漢方薬をがん治療に利用するメリットは、手術や放射線治療などで減退してしまった体力を補い、抗がん剤の効果を高めたり副作用を緩和することにあります。腫瘍を局所的に治療する標準治療と併用することで、がん治療に耐えうるだけの体つくりをサポートし、がん細胞に負けない身体へと改善していくわけです。

ですから、漢方薬を使用するタイミングは、治療中の体力低下や抗がん剤の副作用を抑えたい時期、治療後の体力回復を早めたい時期などがベスト。漢方専門医に体質やその時期の体調を相談し、標準治療を行う担当医とも話し合った上で処方を受けるようにしましょう。

鍼灸でがん治療をサポート

鍼灸治療は、体に300カ所以上あると言われる“ツボ(経穴)”を鍼やもぐさの熱で刺激する治療法。ツボは気の流れに沿ってつながっているので、数カ所を組み合わせて刺激することで、直接刺激した部分だけではなく、内臓など離れた部分にも効果を及ぼすことができるとされています。

がんの治療における鍼灸の効果として挙げられるのは、痛みや不快な症状の軽減。特に抗がん剤の副作用である吐き気や嘔吐、乳がん治療の副作用で見られる顔面の紅潮などに効果が高いと言われています。鍼灸は、特定の部分の疾患に対する治療というよりは、冷えやしびれ、むくみやコリなどを和らげ、不快な身体症状と精神的なストレスを取り去ってくれる治療法なのです。

鍼灸治療によって直接がんを小さくしたり死滅させる効果があるとは言えませんが、標準治療と併用することで弱った体をサポートし、体調の回復を早めることは可能。がん治療の後で行うと、再発や転移を予防する効果にも期待できます。

鍼灸治療を受ける際に注意しなければならないのは出血です。抗がん剤治療で血小板が減少している方などは、出血が止まりにくい場合があるので、医師や鍼灸師にしっかり相談してから治療を受けることが重要です。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト