シイタケ菌糸体

たくさんの有効成分が含まれている、シイタケ菌糸体のがんへの効果や特徴を解説しています。

シイタケ菌糸体とはどんなもの?

キノコの菌糸体というのは、簡単に説明するとキノコの「根」の部分です。シイタケ菌糸体は、その名の通りシイタケの根の部分を指しています。シイタケと言えば、一般的な食材なので、食べたことがある方は多いでしょう。しかし、普段食べているのはシイタケの笠の部分であり、菌糸体そのものを食べてはいません。

シイタケを含める菌類は、菌糸体の働きによって成長します。栄養が含まれており、がんに有効的な成分もたくさん。中でもシイタケ菌糸体は、厚生労働省に認められている医薬品でもあります。

そのため、シイタケ菌糸体は信頼できる健康食材と言えるでしょう。

シイタケ菌糸体には、βグルカン・αグルカン・シリンガ酸・バニリン酸・アラビノキシランなどの有効成分が含まれています。これらの成分は、がんに対して強い力を発揮してくれるのが特徴です。

シイタケ菌糸体は顆粒やエキスといった形に、加工されているため、自分に合った形で、シイタケ菌糸体の摂取ができます。

シイタケ菌糸体にはどんな効能があるの?

現在、免疫抑制細胞を低減させ、がん治療を進めていく研究が進められています。そのカギを握っているのが、シイタケ菌糸体です。

シイタケ菌糸体には、免疫制御細胞を抑え、免疫力を高める効能があります。βグルカンを始めとする成分が含まれており、がん治療におけるシイタケ菌糸体の、一番の強みと言っても過言ではありません。

がんを発症すると、人体が持つ本来の免疫力が著しく低下します。しかし、シイタケ菌糸体に含まれる有効成分が、免疫細胞を活性化させ、免疫抑制細胞の増加を阻止。その結果、がんに対して強い体がつくられ、転移や再発に対して、緩やかにがんを治療してゆけます。

また、横浜にあるかとうクリニックでは、抗がん剤の副作用で荒れてしまった皮膚を、シイタケ菌糸体配合のクリームによる治療を実施。ひび割れや色素沈着などの症状を改善する効果が見られ、患者によっては、わずか一週間で効果が現れました。

シイタケ菌糸体を使用した方の症例・研究成果を紹介

シイタケ菌糸体の研究で、判明した事柄をいくつか紹介します。

<がん患者の免疫力と体力増加>
金沢大学の実験で、シイタケ菌糸体の摂取により、免疫力及び体力が増加することが明らかになった。乳がんの手術後に、ホルモンと一緒にシイタケ菌糸体を摂取したところ、免疫力と体力が増加。生活の質(QOL)も上がり、がん再発防止に、シイタケ菌糸体が友好的であることが証明された。

<治療による副作用の抑制>
シイタケ菌糸体には、がん治療において発生する副作用を抑える作用があることが、近畿大学の実験で判明しました。後の治療と併用する形で、シイタケ菌糸体を摂取すると、通常であれば発生する副作用が抑制されると胃がんと大腸がん治療で確認でき、シイタケ菌糸体には副作用抑制効果があることが、臨床実験で明らかになりました。

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト