セカンドオピニオンに関すること

病院でがんに関する診察や説明を受けたものの、その内容に今ひとつ納得できない…と思っているのであれば、セカンドオピニオンを受けてみるというのも一つの選択肢です。ただ、セカンドオピニオンといってもやみくもに他の病院を受診すれば良いわけではありません。

自分で納得できる結果を得るためにもおさえておきたいセカンドオピニオンのポイントや、サードオピニオンに関する情報についてご紹介しましょう。

Q1.セカンドオピニオンのポイントとは?

Ans.医師の意見をよく聞いて情報をまとめること、どこでセカンドオピニオンを受けるか?が重要です。

ニュースなどで取り上げられることもあり、セカンドオピニオンという単語を知っている方は増えてきました。これは現在診察を受けている医師(医療機関)とは別の医療機関に意見を求めることをいいます。

その結果はファーストオピニオンの担当医と同じ意見になることもあれば、全く違う診断や治療方針に関する説明を受けることもあるでしょう。セカンドオピニオンを受けることによって、最初の担当医の診断に納得ができなかった場合にも本当にそれが正しいのか、他の治療法はないのかといったことを検討しやすくなります。

同じ病気でも医師によって考え方や治療方針は異なるため、自分にとって納得できる治療法を選択するために活用してみましょう。

医師の意見をまとめる

医師によって考え方が違うわけですが、まずはファーストオピニオンの内容をしっかりとまとめて理解しておきましょう。ファーストオピニオンで納得できないのであれば、何が納得できないのか、どういったことを不安に思っているのかなどをしっかりと自分の中でまとめておくことが重要です。

その上でもう一度ファーストオピニオンの担当医に話を聞き、再度意見を確認しましょう。ここでも納得のいく結果が得られなかった場合や他に選択肢を探したいということであればセカンドオピニオンを受けるのもおすすめです。

同じく、セカンドオピニオンを受ける場合も、最初の医師の意見と混乱しないためにもそれぞれをしっかりまとめておくことが重要になります。

セカンドオピニオンを受ける病院は?

セカンドオピニオンを受けることにした場合、ファーストオピニオンの医師に対してセカンドオピニオンを受ける意思を伝えて、紹介状やこれまでの検査に関する記録を準備してもらわなければなりません。

自分で病院を探す方もいますが、医師に紹介してもらうのも良いでしょう。病院選びをする際にはインターネットなどで気になる病院を探すほか、がん相談支援センターに問い合わせをしてみるのもおすすめです。

近年はセカンドオピニオン外来を取り入れている病院が増えてきました。がん相談支援センターに相談をする際には、自分がどのような病院を探しているのか伝えると、該当している病院を紹介してもらえる可能性が高くなります。

注意しなければならないこととして、基本的にセカンドオピニオン外来は自費診療という扱いになり、保険が適用されません。質問できる時間も限られているので、事前に不安や気になることをメモにまとめておきましょう。

Q2.サードオピニオンまで行うメリットはある?

Ans.新たな意見がもらえたり、それまでの医師の診察に確信が持てるのがメリットです

ファーストオピニオンとセカンドオピニオンで同じ治療法を勧められたけれど、他の治療法があるのではないかと思っている…といった場合にはサードオピニオンが有効です。サードオピニオンでも同じ結果が出た場合はその選択肢が最も効果的なのだと確信が持てるでしょう。

また、ファーストオピニオンとセカンドオピニオンで異なる結果が出て治療法を決めかねている場合も第3の病院で聞いた意見が参考になるはずです。

もちろん、サードオピニオンで新たな治療の選択肢が出てくることもあります。ファーストオピニオンとセカンドオピニオンで自分にとって本当に納得できる治療法が見つからなかった場合も第3の医療機関で相談をしてみましょう。

Q3.最終的にはどのように判断すればいいの?

Ans.最終判断をするのは自分自身です。納得できる選択肢を選びましょう。

ファーストオピニオンでも同じことがいえますが、セカンドオピニオンやサードオピニオンを受けたとしても最終的な判断を行うのは自分です。セカンドオピニオンはファーストオピニオンの医師が言っていたことが正しいかどうか判断してもらう方法だと思っている方もいますが、そうではなく、あくまで他の医師の意見を聞くためのものとなります。

セカンドオピニオン外来でも受診できる人の条件として「最終判断は自分自身や家族が行うことを了承している人」と定めているところもあるくらいです。

ですが、他の医師から意見を聞くことによって治療方針が固まる方が多いため、ファーストオピニオンで納得できていないのであればセカンドオピニオン、サードオピニオンも検討してみましょう。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト