がんの転移が心配なときに読むサイト HOME » がんの種類別 転移の症例

がんの種類別 転移の症例

青い鳥日本人の2人に1人が罹患すると言われる“がん”。その罹患率の高さや治療の難しさもさることながら、最も問題となるのは転移や再発を繰り返してしまうことにあります。

いくら切除手術で病巣を取り除いても、全身に転移してしまっては完治が難しくなってしまいますね。現在のがん治療は、病巣を取り除くと同時に、転移や再発を防ぐことを考えた治療が主流となっているのです。

そこで、がんの種類別に転移の傾向や特徴、防ぐためにはどうしたらよいか、転移してしまったらどう治療すべきか、などをまとめてみました。

現在患者数が多いとされる、肺がんや胃がん、すい臓がん、大腸がんなどを例にとって、転移や再発を起こしてしまう原因や、転移しやすいルート、タイプやステージについて、解説してみたいと思います。さらに、それぞれのがんの種類別に具体的な症例をいくつか挙げ、治療法についても紹介します。

恐ろしい転移や再発を繰り返さないために、転移の傾向や特徴を知ることから始めましょう。

 
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト