大腸がん

大腸大腸がんは大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、日本人はS状結腸と直腸にできやすいといわれています。良性のポリープががん化して発生するものと、粘膜から直接発生するものがあり、大腸の粘膜に発生した大腸がんは、時間をかけて大腸の壁に深く侵入し、腹腔内に拡散したり、大腸の壁の中のリンパ液や血流に乗り、肝臓、肺といった別の臓器に転移します。大腸がんの転移に関する情報をまとめて解説しましょう。

 

大腸がんから転移しやすい代表的な部位

転移しやすい場所[注1] 再発率[注1] 症状
肝臓 7.0% 食欲が減る、貧血になる、意識が朦朧とする、吐血
3.5% 咳や息切れ、息苦しさなどの呼吸障害、咳込んだ時に血痰が出る
大腸局所 1.8% 消化器官が傷ついたことによる下血・血便、激しい腹痛と便秘

肝臓や肺などの大腸以外の臓器に再発

結腸がんと直腸がんでは再発しやすい部位が異なります。結腸がんは、肝臓に再発する確率が最も高いと言われています。一方直腸がんは、肝臓・肺・大腸局所でそれぞれ同じぐらいの割合で再発を起こします。大腸がんの再発のうち、約95%が術後5年以内に見つかっています。

早期段階で再発を発見できれば、再び手術で取り除ける可能性が高くなるので、少なくとも術後5年間は定期的に検査を受けるようにしましょう。

大腸がんの基礎知識と転移の特徴

大腸がんは、がんができる場所によって症状や治療法、予後が大きく異なります。肛門に近い直腸や下行結腸、S状結腸などにがんができると、血液が混ざった便が出たり、便がふれて痛みがあったり、比較的症状を自覚しやすいのが特徴です。

逆に、小腸に近い上行結腸などのがんは、腹痛を起こしにくく血便もあまり出ないので、早期発見されにくいようです。

基本的に大腸がんの進行は緩やかで、ステージⅠのがんでしたら、内視鏡で切除治療を受けることもできます。ほかの臓器と比べると、治りやすいがんであると言えるでしょう。

ただし、上行結腸や横行結腸にがんができた場合、肝臓や肺などに転移を起こしやすく、転移先のがんの症状で大腸がんが原発であったことに気が付くケースもあるそうです。

大腸がんが転移しやすい臓器とその症状について

大腸がんは、完治しやすいがんであると言われていますが、小腸に近い部分のがんなどで発見が遅れた場合は、他の臓器へ血行性転移やリンパ節転移を起こすことがあります。

大腸がんが転移しやすい臓器について、症状などをまとめて紹介します。

肝転移

大腸がんに罹患した方の約11%に、肝転移が見られると言われています。大腸と肝臓は隣接していますし、大腸を出た静脈血が最初に入るのは肝臓であることから、血行性転移を起こしやすいのです。

肝臓へ転移した場合、自覚症状があまりないのが特徴ですが、黄疸やお腹の右上の鈍痛、倦怠感などが出始めたら転移を疑う必要があります。

肝転移の主な症状

大腸がんの肝転移の症状は、食欲不振・貧血・意識障害といった見落としがちなものから吐血・腹部のしこりなど身体の不調に気づきやすいものまであります。中でも黄疸が出た際は注意が必要です。

肝転移の治療法

肝転移の治療法は「肝切除手術」「化学療法」「ラジオ波治療」があります。

肝切除手術

元の大腸がんと同じように手術で切除する肝切除手術が最も有効です。転移が1ヵ所の場合は治りやすいですが、多数の転移があっても手術は可能です。転移箇所が多いときは2回に分けて手術するケースもあります。

また、手術したあとの残った肝臓に再発しても、再度切除することで治療が可能です。数が多いときや大きいもの、大血管に近いものは手術前に化学療法で小さくしてから手術するといった方法もあります。

化学療法

化学療法は大きさ・数・肝臓以外の転移の存在といった問題から、手術で切除できない方に最善の方法です。また、すぐには切除ができない場合にも有効な治療法とされています。

ラジオ波治療

ラジオ波治療は、手術せずに体外から針を刺してがんを焼き溶かす治療法です。肝臓に直接刺す場合もあります。切除手術に比べて出血も少ないので、身体への負担が小さいのが特徴です。しかし、切除手術に比べると再発率が高く、切除できない部位の転移の可能性も出てきます。体力的に手術が難しい方に対して行われる治療法です。[注2]

肺転移

大腸がんからの転移先として、肝臓の次に多いのが肺。まずは大腸から肝臓へ転移し、さらに肺へ転移してから脳や骨などへがん細胞が回る、というルートをたどるケースが多いようです。一週間以上続く咳や血痰、息苦しさなどを感じたら、肺への転移を考えて検査と治療を行います。

肺転移の主な症状

1週間経過しても改善しない咳が続きます。肺がんが気管支や肺を刺激することで起こる症状です。肺がんが気管支に傷をつければ血痰(けったん)も起こす場合も。また、気管支が閉塞されると、息がしづらくなります。[注3]

腹膜転移

大腸がんが進行すると、腸管を破ってがん細胞が腸の外へ出てしまうことがあります。そうなると、がん組織が腹腔へこぼれ落ちてしまい、広い範囲に散らばって転移を起こすことに。

腹膜に広がったがんは、大きく腫れて内臓を圧迫したり水をだしたりするので、便通が悪くなり、吐き気を起こします。腹水がたまってお腹が張り、苦しくなってしまうこともあります。

腹膜転移の主な症状

腹膜転移には「脳転移」と「骨転移」があります。
脳に転移すると、麻痺や痙攣、ふらつき、ものが二重に見える、うまく話せないなどの症状が引き起こされます。また、脳が腫れてくると頭痛や吐き気、意識障害をになることも。
手や足の麻痺など、日常生活への影響が大きい場合は、患者の病状を見て手術をする場合があります。
そのほかの治療法では、抗がん剤が脳まで届かないため、「ガンマナイフ」という放射線治療を行っていきます。高い効果が期待できる治療法なので、治療後3カ月以内に70~80%の確率で症状が改善します。

また、骨転移では、骨が徐々に溶けて破壊され、周囲の組織が圧迫されてきます。これにより、痛みや麻痺などの症状が現れます。がんが転移する確率は1~2%と低いものの、転移すると治療が難しくなってきます。

大腸がんは骨にのみ転移することが稀で、他の臓器にも転移していることが多いです。
治療では、抗がん剤による化学療法などを行いながら、がんが転移した骨に放射線を照射し、モルヒネなどの麻薬で痛みを抑制させていきます。

リンパ節転移

大腸がんは進行するにつれてリンパ節に転移することがあります。ステージでいうと、Ⅱ期の段階ではまだがんが大腸壁の筋層を超えてはいるもののリンパ節転移がない状態なのですが、Ⅲ期になるとリンパ節への転移が認められる状態です。

ステージⅢ期の中でも、転移したリンパ節が3個以下の場合はⅢa、4個以上あった場合やそれ以下でも主リンパ節か側方リンパ節に転移があった場合はⅢbとなります。 リンパ節への転移が認められた場合、外科治療によって手術を行い、がんのある腸管とリンパ節を切除しなければなりません。

がんの種類によってどこに転移しやすいかは異なりますが、大腸がんの転移で多く見られるのは肝臓や肺、リンパ節です。がんは転移する病気ということもあり、手術の際にはすべて切除できたように見えていたとしても、その時はすでに他の臓器に癌細胞が移動していることもあり、このようなケースでは何年か経ってから転移が見つかることも珍しくありません。

参考:『大腸がん』国立がん研究センターがん情報サービス
https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000uj16-att/103.pdf

参考:『大腸癌の治療を始める患者さんへ』大腸癌研究会
『大腸癌の治療を始める患者さんへ』大腸癌研究会

リンパ節転移の主な症状

がんはリンパの流れにのってリンパ節に転移します。これを「リンパ行性転移」と呼ぶのですが、これはがんが大腸の壁の中にあるリンパ管の中に入ったことによって運ばれた状態です。 大腸がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。しかし、便に血がまじる、便が細い、排便しても残っている感じがする、腹痛などの症状を感じることがあるため、体の異変には注意しましょう。

脳転移

がんが脳に転移する可能性はそれほど高くありません。

転移性脳腫瘍のおよそ半数は肺癌由来であり,大腸がんの脳転移が占める割合は全体の 5 %と少ない.大腸癌は肝や肺に転移することが多く,頻度は肝転移24%,肺転移 9 %と報告されているのに対し,脳転移の頻度は1.3~1.8% と稀である.

出典:『孤立性脳転移再発した直腸癌の 1 例』釧路労災病院外科 河合朋昭 他
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsa/74/7/74_1760/_pdf

ここからもわかる通り非常に稀ではありますが、可能性はゼロではないのです。大腸がんがあり、その他に脳転移のみ見られるというよりも、脳以外への転移も見られるのがほとんどとなります。

脳の転移があった場合、手術や放射線治療を行うことになります。ただし、切除手術が難しいケースも珍しくありません。例えば、切除することによって神経症状などの重大な後遺症が残ると判断された場合には手術を選択できないのです。この場合、放射線治療を検討することになるでしょう。全脳照射・定位放射線照射から最適な方法がとられます。

脳は体の中でも特に重要な臓器ということもあり、転移巣が大きくなった場合には脳を圧迫し、様々な症状を引き起こしてしまうのです。そのため、放射線治療では転移巣を小さくし、症状を和らげる目的で行います。

基本的に手術で切除するのは病巣が1つ程度の場合のみであり、数が多い場合は手術ではなく放射線での治療を検討することになるでしょう。

参考:『大腸がん 転移・再発』国立がん研究センターがん情報サービス
https://ganjoho.jp/public/cancer/colon/relapse.html

脳転移の主な症状

腫瘍ができた部分が圧迫されることで起きる症状と、頭の中の圧が高まることで起きる症状の2つに分かれます。

早朝にのみ起きる頭痛は、腫瘍ができた部分が圧迫されて起きる症状です。通常、寝ているときは起きているときに比べて頭蓋内圧(頭蓋骨内部の圧力)が高くなりますが、脳転移のある患者の頭痛は就寝時の頭蓋内圧の高まりに加え、腫瘍そのものが脳を圧迫するので、朝起きたときに頭痛が起こることがあるのです。こういった早朝の頭痛を「モーニングヘッドエイク」と言います。[注4]

がんの再発や転移とたたかうには

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。たとえ、医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。

そのため、医療機関のみに頼るのではなく、私たちができる代替医療も率先しておこない「がんの予防線」を何重にも張り巡らせることが、がんとたたかっていく上で極めて重要となってきます。

漢方や鍼灸、アロマ・マッサージ、健康食品、サプリなど、さまざまな代替医療が存在する中で、「グルタチオンS-トランスフェラーゼ」をいかに活発化させるかが、がん再発・転移予防のキーポイントとされています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼとは、体内で働く解毒酵素のひとつ。この酵素を活性化させる野菜として、わさびが注目を浴びています。

わさびに含まれる成分「ワサビスルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチイオシアネート)」は、このグルタチオンS-トランスフェラーゼを活性化させるとして、論文でも発表されました。

このほかにも、ワサビスルフィニルには、活性酸素を抑える、ピロリ菌などの細菌の増殖を抑制、血流の促進や血栓予防、免疫力向上、といったさまざな効果も。

また、がん細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐといった効果も確認されているため、がんの再発・転移とたたかう方はもちろん、すでに転移してしまったという方にも、ぜひ摂取して欲しい成分なのです。

>>がんの代替医療の最前線・注目の成分ワサビスルフィニルとは?

手術後の定期検査と再発予防の方法

術後の検査で腫瘍が残っていなかったとしても、0.1ミリや0.2ミリといったわずかな腫瘍は検出することが困難なため、見逃してしまう可能性があります。その小さな腫瘍が半年から1年ほどで大きくなると、がんが再発してしまうのです。再発防止のために行うのが抗がん剤による補助治療になります。

術後に抗がん剤治療を行った場合、治療をしなかった場合と比べるとおよそ10%、再発防止効果があるとされています。抗がん剤による補助治療は、なるべく術後8週間以内を目安にスタートさせます。治療期間は半年ほど。海外ではステージIIの一部の患者にも抗がん剤の補助治療を行うケースもありますが、日本ではステージIII未満の方は治療の対象外となります。抗がん剤治療には副作用が伴うため、補助治療の適応となる患者は75歳くらいまでの比較的体力のある方でなければ適応できません。それ以上の年齢の方は、副作用に耐えられる身体かどうかを検査結果をもとに判断し、本人と相談したうえで治療方針を決定していきます。[注5]

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト