外陰がん

外陰がんイメージ

膣の外側に発生する女性特有の、「外陰がん」。

原因として高齢や喫煙、子宮がんや膣がんの転移などが挙げられます。

ここでは、外陰がんの基本知識と転移について解説。

治療法についてもまとめています。

外陰がんの基本知識と転移の特徴

女性器の外側に発生する皮膚がんのことを「外陰がん」と言います。婦人科系の中で、子宮がんと卵巣がんの次に多いものの、発生率約3%とかなり稀ながんです。発生時には、「生理と無関係な出血」「外陰の強烈な痒みや痛み」「皮膚が白く荒れる」などの症状が現れます。心あたりのある人はすぐに、産婦人科で診察を受けましょう。

治療を受けずにそのまま放置しておくと、膣や尿道、肛門へ広がって、リンパ節に転移する恐れがあります。

転移する前の生存率は96%で、転移している場合の生存率は66%。外陰がんの治療のカギは、早期発見です。これまでは、50代~60代の発生するのが主でしたが、最近では40代以下の世代にも増えてきています。

外陰がんから転移しやすい臓器とその症状

外陰がんにおいて、最も転移しやすい場所はリンパ節です。 外陰部周辺には、リンパ節がたくさん存在しているため、発生から早い段階で転移してしまいます。リンパ節に転移したときの症状や治療法を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

リンパ節転移

がんのステージがⅠまたはⅡの場合は、リンパ節へ転移している可能性はまだ低く、転移する確率は4人に1人です。ステージⅢは、がん細胞が膣、尿道、肛門に広がり、2人に1人がリンパ節に転移するレベル。ステージⅣになると、がん細胞がリンパを流れて、肺や肝臓などへ遠隔転移してしまう可能性が高くなります。

早い段階でがんを発見できれば、レーザー治療や局所手術で治療可能。ステージが上がるにつれて切除が難しくなっていくので、早期発見がカギを握っています。

リンパ節転移の主な治療法

外陰がんは、どのステージの治療でも「外科手術」を行います。 初期の場合は、外陰の一部を手術で切除。また、周辺のリンパ節も切除します。

がんの転移がかなり進んでいる場合は、まず「放射線療法」と「抗がん剤治療」を実施して、がん細胞を小さくします。小さくすることで、切除する範囲を最低限に抑えるのです。切除した後は、皮膚移植や人口の外陰や膣を形成。見た目をキレイに整えます。

がんの再発や転移とたたかうには

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。たとえ、医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。

そのため、医療機関のみに頼るのではなく、私たちができる代替医療も率先しておこない「がんの予防線」を何重にも張り巡らせることが、がんとたたかっていく上で極めて重要となってきます。

漢方や鍼灸、アロマ・マッサージ、健康食品、サプリなど、さまざまな代替医療が存在する中で、「グルタチオンS-トランスフェラーゼ」をいかに活発化させるかが、がん再発・転移予防のキーポイントとされています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼとは、体内で働く解毒酵素のひとつ。この酵素を活性化させる野菜として、わさびが注目を浴びています。

わさびに含まれる成分「ワサビスルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチイオシアネート)」は、このグルタチオンS-トランスフェラーゼを活性化させるとして、論文でも発表されました。

このほかにも、ワサビスルフィニルには、活性酸素を抑える、ピロリ菌などの細菌の増殖を抑制、血流の促進や血栓予防、免疫力向上、といったさまざな効果も。

また、がん細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐといった効果も確認されているため、がんの再発・転移とたたかう方はもちろん、すでに転移してしまったという方にも、ぜひ摂取して欲しい成分なのです。

>>がんの代替医療の最前線・注目の成分ワサビスルフィニルとは?

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト