咽頭がん

咽頭咽頭(喉の奥)にできるがんを咽頭がんと呼びます。

原因として最も多いのは喫煙ですが、他にも飲酒・ウイルス・貧血などもその要因に。咽頭がんによる年間死亡者数は約2,000人。

それほど多くはありませんが、男性の患者は女性の患者のおよそ3倍にものぼります。

咽頭がんの基礎知識と転移の特徴

咽頭がんは上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんの3種類に分類できます。上咽頭がんはEB(エプスタイン・バー)というウイルスが原因とされていますが、下咽頭がんの中でも輪状軟骨後部がんという種類については貧血が原因だと考えられており、要因は多岐にわたります。

40代以上の男性に多いとされる咽頭がんですが、この輪状軟骨後部がんに関しては、女性の患者が圧倒的多数を占めています。喫煙や飲酒は食道がんや口腔がんの危険因子でもあるため、咽頭がんと併発しているケースも少なくありません。

咽頭がんの転移の特徴は、ガンが初期の段階から周囲の組織に転移する症例が多く、その進行が速いこと。上咽頭がんの場合、周囲の組織だけでなく、肺・肝臓・骨などの離れた組織へも転移しやすくなります。

咽頭がんから転移しやすい臓器とその症状

咽頭がんの症例では発症から早い段階で頸部のリンパ節へ転移するケースが多く確認されています。しかも、咽頭がんの切除手術をしても、ある程度時間が経ってから別の臓器への転移が確認されることも少なくありません。この場合、肺をはじめ、肝臓や骨などが転移先として目立ちます。

リンパ節転移

咽頭の周辺には多くのリンパ節が存在するため、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんのいずれの場合においても比較的早い段階から転移するケースが多くなります。最初に転移するのは咽頭周囲のリンパ節。特に頸部のリンパ節と考えるのが一般的です。咽頭がんの場合、通常は食べ物を飲み込むときの違和感や喋りづらさ、声がれなどの症状が初めに現れますが、リンパ節転移による首のしこりなどの症状が先に現れるケースも多く、この段階で初めて咽頭がんと診断される患者さんがおよそ60%にのぼると言われています。

リンパ節転移の主な治療法

咽頭がんからのリンパ節転移の場合、咽頭がんの中のどの種類に該当するか、または、どのステージ段階かによって治療法が異なります。

上咽頭がんの場合、リンパ節への転移が確認された時点でステージ2以上となります。しかしながら上咽頭がんに対してはいずれのステージでも基本的に外科手術は行われず、放射線療法と化学療法が中心となります。

中咽頭がんと下咽頭がんの場合、リンパ節転移が確認された時点でステージ3以上となります。ステージ3ではリンパ節をはじめとした周辺組織の切除手術を行うことがありますが、ステージ4に到達すると治療は難しくなってしまうため、緩和ケア療法や対症療法が行われます。

肺転移

咽頭がんはいずれの種類でも遠隔転移が多く目立ちます。中でも上咽頭がんは低分化型扁平上皮がんが多く、中咽頭がんと下咽頭がんに比べて遠隔転移してしまうケースが特に多いことで知られています。肺・肝臓・骨などがその代表的な転移先ですが、中でも比較的近くに位置する肺は、最も多い転移先と言えるでしょう。

転移性の肺がんの特徴として上げられるのはなかなか症状が出ないということですが、安心はできません。1週間以上続くひどい咳や血痰などの症状が出始めた場合は注意が必要ですが、これらは転移性の肺がん特有の症状ではないため、診察を受けなければわからないのが現状です。

肺転移の主な治療法

転移性の肺がんの場合、その原発となっているがんに適した治療法を行うのが好ましいとされています。咽頭がんが原発となっている肺がんの場合リンパ節郭清外科手術が行われるケースもありますが、特に上咽頭がんの場合は抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法が行われます。放射線療法後に化学療法を行うことで治療成績が向上したという報告もされていますが、どのような組み合わせが最も効果的かなど、まだ不明な点が多いのも現状です。遠隔転移が発見されると治療が難しくなってしまうケースもあり、この場合は緩和ケアが行われます。

がんが転移すると怖い場所について>>

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト