甲状腺がん

甲状腺がんは、がんの進行が非常に緩やかで、予後も良いとされています。

そのため、がんが進行したとしても、急に容体が悪化することは基本的にありません。

ここでは、甲状腺がんの基礎知識、および転移しやすい場所についてまとめています。

 

甲状腺がんの基礎知識と転移の特徴

甲状腺とは、のどぼとけの下に位置する小さな臓器です。ここに発生するがんを甲状腺がんと言います。
甲状腺がんは、男性や年配者よりも女性に多く、特に30代~40代に発症しやすいです。がんと聞くと恐ろしいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、甲状腺がんに関して言えば、他のがんと比べると致死率は低いです。
がんが転移するケースは少ないため、転移したとしても命に関わることがあまり無いとされています。

一般的な治療では、がんのある箇所の甲状腺と、甲状腺の周りにあるリンパ節を切除する外科的治療で行われます。この治療法で大半の甲状腺がんを完治させることが出来ます。

甲状腺がんの種類は、乳頭がん、濾胞がん、未分化がん、髄様がん、甲状腺に発生する悪性リンパ腫の5つです。
以下では、がんの悪性度などについて紹介しています。

  • 乳頭がん
    これらのうちで最も症例数が多いのが乳頭がんです。乳頭がんは進行が遅く、予後の良いがん。そのため、転移しても命に関わることが少ないですが、高齢で発症すると悪性度は高くなります。発見される場合は転移が先に見つかり、原因である乳頭がんはあとから見つかることもあります。
  • 濾胞がん
    また、濾胞(ろほう)がんは、乳頭がんより悪性の強いがんです。甲状腺に出来る良性の腫瘍「良性濾胞腺腫(りょうせいろほうせんしゅ)」との見分け方が難しいとされています。
  • 未分化がん
    未分化がんは、唯一甲状腺がんのなかで死亡率が高く、高齢者に多く見られるがんです。非常に予後の悪いがんですが、甲状腺がんのうち、発症する確率は約1~2%と低くなっています。
  • 髄様がん
    髄様がんは、甲状腺にある細胞「傍濾胞(ぼうろほう)細胞」から発生するがんです。罹患者の中には遺伝的要素が確認されることもあり、血族で広く髄様がんを患う例も見られます。
  • 悪性リンパ腫
    悪性リンパ腫は、甲状腺内のリンパ球に発生するがんです。抗がん剤や放射線による治療効果が高く、ほとんどの場合、がんが完治します。

甲状腺がんが転移しやすい臓器とその症状

甲状腺から転移するがんは、以下の3つです。

頸部リンパ節転移

甲状腺がんの一種である乳頭がんは、頸部リンパ節に転移しやすいことで知られます。乳頭がんの進行は非常にゆっくりですが、症状が悪化すると声がかすれたり、喉の違和感などの症状が現れるようになり、さらにはがんがリンパ節に転移します。
死亡率は極めて低いですが、転移後に症状が悪化すると最悪の場合、タンに血が混じる「血たん」や呼吸困難などになることもあります。

肺転移

髄様がんは、血液の循環によって肺に転移しやすい性質を持っています。通常の肺がんとは性質が著しく異なり、転移しても肺切除などの外科的療法は行いません。進行の遅い甲状腺がんで、10年以上たっても自覚症状がない場合も多いようです。しかし、症状が悪化すると、食道が圧迫されて食べ物が飲み込みくにい、神経が圧迫されて声がかすれる、気管圧迫により呼吸困難になる、などの症状が現れてきます。

骨転移

同じく髄様がんが血液の循環によって、骨に転移することがあります。ただし、他の部位への転移と同様、甲状腺がんという性質を引き継いでの転移になるので、進行が緩やかです。
骨転移に関しては、甲状腺がんの治療を終えて10年以上たってから確認されることがあります。

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト