軟部肉腫

軟部肉腫イメージ

軟部肉腫は発生頻度が少なく病気の種類が多いため、治療には専門の知識が必要だと言われています。

他のがんと比べて20台、30代の若い患者さんが多く、痛みもないことから悪性腫瘍だと気付かずに放置されていることも多いそうです。

ここでは、その基礎知識や転移の特徴、代表的な症状など、わかりやすく解説しています。

軟部肉腫の基本知識と転移の特徴

軟部肉腫は、体の軟部組織という部位に発生する悪性の腫瘍です。軟部組織とは筋肉や腱、脂肪、血管、神経、じん帯となど、体のやわらかい部位のことです。

体のどこにでも発生する病気ですが、痛みがないために発見が遅れたり、良性腫瘍と間違えられたりすることもあります。神経の近くに発生すると麻痺などの症状をともないますが、深部にできた場合は大きくならないと気付けず、発見が遅れてしまうケースも報告されています。

痛みはなくても、体のどこかにしこりや違和感があるときなどは注意した方が良いでしょう。

腫瘍の悪性度合はさまざまですが、腫瘍が大きくなり、血液の流れにのって転移していきます。肺に転移することが多いので、定期的に胸部CTが行われます。

軟部肉腫から転移しやすい臓器とその症状

軟部肉腫が進行すると血液に乗ってほかの臓器に転移してしまうことがあります。特に多いのは肺への転移。その症状を解説していきます。

肺転移

軟部肉腫から肺へと転移するケースは非常に多く、軟部肉腫患者のうち20%以上もの転移報告があるそうです。そして軟部肉腫からの転移はほとんどが肺であるため、患者には定期的な胸部CT検査が行われます。

肺は生きていくために必要な空気を取り込むための臓器なので、がんが肺に転移すると命の危険があります。そうならないためにも、早期の治療や定期的な診断が望まれます。

肺転移の主な治療法

肺転移が見られた場合には病巣の切除手術をおこなうのが一般的で、可能であれば肺以外の転移巣も切除することが推奨されています。軟部肉腫の死亡患者のうち、肺移転が直接の死因となったケースが非常に多いという報告もあることから、この治療法が有効であるとされているためです。

転移した箇所が多く切除手術が困難な場合には、化学療法によって転移箇所を減らしてから手術を行う場合もあります。また、肺切除後に肺転移が再発した場合にも、可能であれば再切除をしたほうが良いとされています。

がんの再発や転移とたたかうには

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。たとえ、医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。

そのため、医療機関のみに頼るのではなく、私たちができる代替医療も率先しておこない「がんの予防線」を何重にも張り巡らせることが、がんとたたかっていく上で極めて重要となってきます。

漢方や鍼灸、アロマ・マッサージ、健康食品、サプリなど、さまざまな代替医療が存在する中で、「グルタチオンS-トランスフェラーゼ」をいかに活発化させるかが、がん再発・転移予防のキーポイントとされています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼとは、体内で働く解毒酵素のひとつ。この酵素を活性化させる野菜として、わさびが注目を浴びています。

わさびに含まれる成分「ワサビスルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチイオシアネート)」は、このグルタチオンS-トランスフェラーゼを活性化させるとして、論文でも発表されました。

このほかにも、ワサビスルフィニルには、活性酸素を抑える、ピロリ菌などの細菌の増殖を抑制、血流の促進や血栓予防、免疫力向上、といったさまざな効果も。

また、がん細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐといった効果も確認されているため、がんの再発・転移とたたかう方はもちろん、すでに転移してしまったという方にも、ぜひ摂取して欲しい成分なのです。

>>がんの代替医療の最前線・注目の成分ワサビスルフィニルとは?

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト