子宮がん・卵巣がん

女性 子宮・卵巣女性の生殖器官は主に、子宮と卵管、卵巣から成り立っていますが、それぞれにがんが発生するリスクがあります。

子宮がんは、子宮体がんと子宮頸がんとに分けられ、起こる原因や症状が異なっています。さらに、子宮の両側にある卵巣にも多くの腫瘍が発生すると言われています。

子宮と卵巣に起こるがんについて、基本的な知識や転移の特徴などをまとめて解説しましょう。

子宮がん・卵巣がんの基礎知識と転移の特徴

子宮がんの種類は、子宮体がんと子宮頸がんの2つです。

子宮頸がんは産道にあたる子宮頸部に発生するがんで、子宮がんの8割がこの子宮頸がんであると言われています。原因のひとつは、性交渉が原因で感染するヒトパピローマウイルスであるとされ、このウイルスへの感染を防ぐワクチンが副作用の問題で話題となっています。

子宮頸がんは比較的若い女性が発症することも多いのですが、最近は子宮がん検診が普及してきたこともあって、早期に発見されるケースが増え、子宮を温存しての治療も可能になってきています。

子宮体がんの場合は、子宮の本体である子宮体部にがんが発生するもので、子宮がん全体では2割程度です。

しかし、早期発見が難しいためにかなり進行してから見つかることが多いのが特徴。50~60代の閉経前後に発症するケースがほとんどで、女性ホルモンのエストロゲンによって子宮内膜が刺激されることで起こるとされています。高エストロゲン状態となる、出産経験のない方やホルモン剤を服用している方、閉経後の方などのリスクが高いそうです。

卵巣がんは、排卵の時に傷ついてしまった表層部分に何らかの刺激が加わってがんが発生する、という説が有力。妊娠や出産、経口避妊薬による排卵の抑制ががんの防止に役立つと言われています。

子宮がんも卵巣がんも、がんと診断された時点で、よほどの理由がない限り全摘出手術が最善の治療法だと考えられています。全摘出した場合、当然ですが再発の心配はありません。しかし、骨盤内の別の器官にすでに転移していることもありますし、ほかの臓器へ遠隔転移する可能性も考えられます。

子宮がん・卵巣がんが転移しやすい臓器とその症状、治療法について

子宮がん、卵巣がん共に、治療後何らかの異変を感じた時には骨盤内への転移を真っ先に疑うべきでしょう。骨盤内のリンパ節のほか、膀胱、直腸などの臓器に転移が見られる場合もあります。骨盤外の臓器へ遠隔転移する例としては、肺や肝臓、大動脈リンパ節、骨などが挙げられます。

骨盤内への転移

以下では、骨盤内へ転移した際の子宮がん・卵巣がんの特徴と、主な治療法について紹介しています。

【子宮がん】

子宮頸がんは、子宮頚部の組織にがん細胞が出来ると引き起こされます。主な転移先は、骨盤内のリンパ節、膀胱や直腸など。骨盤内で再発や転移が起こると、不正出血のほか、血尿、血便、下半身の麻痺が見られることがあります。
子宮頸がんの治療は、初期の場合、患者が希望すれば円錐切除などで子宮を温存する方法が選択されることもあり、術後に骨盤内で再発・転移が起こることが多いようです。

子宮体がんの種類は、子宮内膜に出来る「子宮内膜がん」と子宮の筋肉に出来る「子宮肉腫」の2つです。
この2種類のがんのうち、発症する確率は子宮内膜がんが95%以上、子宮肉腫は5%。がんが進行すると、閉経後の出血や貧血、排尿痛、下肢のむくみや痛みなどの症状が現れます。
転移は、卵巣や卵管、子宮頸部、骨盤内、大動脈の周りにあるリンパ節などに起こります。

主な治療法

初期段階の子宮頸がんであれば、がんにダメージを与えて死滅させる「レーザー治療」「凍結療法」「高周波療法」「放射線療法」、子宮の一部あるいは全部を摘出する切除術などの方法で治療が可能です。
症状が進行すると、放射線療法に抗がん剤治療を組み合わせて治療することもあります。

子宮体がんの場合は、最初の治療で全摘出手術が選択されることが多く、子宮や卵巣、卵管のほか、骨盤内のリンパ節やその周辺の組織も進行具合に応じて取り除かれます。
しかし、妊娠を希望する場合はホルモン療法や子宮内膜掻爬などといった別の方法で行われることがあります。
さらに症状が悪化すると、放射線療法や抗がん剤治療などを併用して治療していきます。
また、骨盤内で再発や転移をすることは少なく、骨盤外へ転移するケースが増えているようです。

【卵巣がん】

卵巣に出来る腫瘍は、良性腫瘍と卵巣がんになる悪性腫瘍、良性と悪性の特徴を持つ中間的な存在の「境界悪性腫瘍」の3種類。
卵巣の腫瘍は良性のものが多いですが、10%の確率で悪性腫瘍になることがあります。
卵巣がんは進行すると、卵巣の隣にある卵管、子宮に浸潤します。
肝臓と同じく、卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれ、早期発見が難しいです。
がんが進行した際は、腹部に圧迫感や痛みを感じるようになり、腫瘍が大きくなると貧血、便秘、頻尿などの症状が現れます。
この段階でがんが発見されることが多いため、子宮がんよりも予後が悪くなることもあります。

主な治療法

治療では、なるべく多くのがんを切除するため、検査の段階でお腹にメスを入れる「試験開腹術」を行うことがあります。
この段階で切除が難しいと判断された場合は、抗がん剤による化学療法でがんを縮小させてから、卵巣、卵管、子宮、転移した骨盤腹膜も一緒に切除する手術を行います。
しかし、それでもがんが腹部に残っている場合は、再び抗がん剤で治療していきます。

肺転移

以下では、肺へ転移した際の子宮がん・卵巣がんの特徴と、主な治療法について紹介しています。

【子宮がん】

子宮がんからの遠隔転移として多いのは、肺転移。遠隔転移は血流に乗ったがん細胞が全身に及んでいる可能性があり、がんがかなり進行している状態です。
肺に転移すると、長く続く咳や血痰、呼吸困難など、肺がんとほぼ同じような症状が認められます。

主な治療法

子宮頚がんの転移が肺などに見られる場合は、抗がん剤治療と放射線療法を組み合わせた治療を行っていきます。
そのほか、がんをリンパ球が撃退してくれる「免疫療法」などの治療も効果的です。

子宮体がんの遠隔転移では、子宮全摘出術やホルモン療法、化学療法、放射線療法などの治療法を行います。抗がん剤を投与してがんが消失した場合は、全摘出手術などの手術を行うこともあります。

【卵巣がん】

卵巣がんが進行すると肺転移が見られ、胸に水が溜まるなどの症状が引き起こされます。これにより、食事がのどを通りにくくなったり、息切れや呼吸困難になることも。
さらには、がんがリンパ節へ転移することもあります。

主な治療法

子宮がん同様、卵巣がんの肺転移も深刻です。がんが様々な場所に転移している可能性があり、手術で完全にがんを切り取るのは難しいとされています。
もし手術を行う場合は卵巣、卵管、子宮、骨盤腹膜のほか、大網、後腹膜リンパ節、直腸、脾臓、小腸、大腸なども切除することがあります。
また、手術前・術後において、抗がん剤治療を優先的に行っていきます。

がんの再発や転移とたたかうには

がんに立ち向かう上で、もっとも注意したい「再発や転移」。たとえ、医師による適切な処置を受けていたとしても再発・転移の可能性はある、ということをわきまえておかなければなりません。

そのため、医療機関のみに頼るのではなく、私たちができる代替医療も率先しておこない「がんの予防線」を何重にも張り巡らせることが、がんとたたかっていく上で極めて重要となってきます。

漢方や鍼灸、アロマ・マッサージ、健康食品、サプリなど、さまざまな代替医療が存在する中で、「グルタチオンS-トランスフェラーゼ」をいかに活発化させるかが、がん再発・転移予防のキーポイントとされています。

グルタチオンS-トランスフェラーゼとは、体内で働く解毒酵素のひとつ。この酵素を活性化させる野菜として、わさびが注目を浴びています。

わさびに含まれる成分「ワサビスルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチイオシアネート)」は、このグルタチオンS-トランスフェラーゼを活性化させるとして、論文でも発表されました。

このほかにも、ワサビスルフィニルには、活性酸素を抑える、ピロリ菌などの細菌の増殖を抑制、血流の促進や血栓予防、免疫力向上、といったさまざな効果も。

また、がん細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐといった効果も確認されているため、がんの再発・転移とたたかう方はもちろん、すでに転移してしまったという方にも、ぜひ摂取して欲しい成分なのです。

>>がんの代替医療の最前線・注目の成分ワサビスルフィニルとは?

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト