再発・転移のサインは?

椅子と花がんと診断されて切除手術が終わっても、5年間はホッとできません。

再発や転移やいつ起こるか分かりませんから、新たな痛みが出ていないか身体症状に注意し、血液検査や画像診断で体の状態をチェックする必要があるのです。

再発や転移が起こっている場合、気が付きやすいサインや注意すべきポイントなどをまとめました。

原発がんの痛みや症状の種類・強さを把握しておく

最初に腫瘍が発見された原発がんの種類によって、当然ですが痛みや症状が異なります。乳がんであれば乳房にしこりができたり、肺がんであれば長く続く咳などが特徴です。

まずは、原発がんの症状が現れていた場所、痛みの強さなどを目安としてしっかり把握しておきましょう。

切除手術で原発巣を取り除いた後なのにもかかわらず、また症状が現れたり痛みが出たら再発が疑われます。別の場所に似た症状が出た場合も、転移や再発が疑われますから注意が必要です。

原発がんの種類別の痛み方

胃がん
胃がんの痛みは内臓痛です。後腹膜にがんが広がっていくと、神経障害性疼痛を伴う場合があります。[注1]
大腸がん
大腸がんの痛みは内臓痛です。がんが腰椎に広がると神経障害を引き起こすことがあり、その際には背部、下腹部、太ももの前面から外側にかけて痛みが発生。直腸がんから腰椎、または仙骨に広がると神経障害によって臀部、会陰部、太ももの後ろ側、膝から足首までに痛みが起こります。[注2]
乳がん
初期の乳がんは痛みをほとんど感じませんが、進行するにしたがって痛みが発生。がんが骨に転移すると、歩く、立つ、座るといった動作に痛みを伴うことがあります。脊椎骨に転移した場合に起こるのは、脊椎圧迫による背部痛、上腕痛。肋骨や胸椎などに転移すると胸部、腹部、背部に痛みが起こります。皮膚への転移は皮膚表面の疼痛に。脳転移、髄膜転移の場合は強い頭痛を起こすことがあります。皮膚の腫れやつっぱり感、疼痛などを感じた場合はリンパ浮腫の急激なむくみ、または細菌による化膿性の炎症(蜂窩織炎)の併発が原因です。[注3]
子宮頸がん
子宮頸がんの初期には痛みが出ないことがほとんどですが、がんが骨盤内の組織に広がると痛みが発生しやすくなります。尿の通り道や腎臓の中に尿がたまって膨張する水腎症や腰痛、背部痛などを併発。腸管へ広がった場合は腹膜炎による腸閉塞で腹痛が起きる場合があります。リンパ節の転移で起こるのが坐骨神経痛をはじめとする神経痛。がんが進行して悪性の胸水がたまってくると、呼吸困難による痛みを併発し、骨転移の場合は動いたときに痛みが生じます。[注4]
肝がん
肝臓自体は痛みを感じませんが、腫瘍が巨大化して肝臓を覆っている膜(肝被膜)が伸ばされると内臓痛を感じるようになります。肝細胞がんはサイズが小さくとも肝臓の外に突出するようになると、腹腔内で破裂して腹部に激痛を伴うでしょう。同時に血圧低下による生命危機をもたらす可能性もあります。病巣がない場所なのに右肩に痛みを感じる場合は、がんの横隔膜への広がりが原因です。肝内胆管がんは後腹膜に広がると、神経障害性の疼痛を引き起こす可能性があります。[注5]
前立腺がん
前立腺がんは、進行すると脊椎や骨盤骨などに骨転移を起こしやすく、疼痛、不全麻痺、腰痛といったさまざまな症状が起こりやすくなります。水腎症を併発した場合は腰痛や背部痛などの痛みに。脊椎神経から骨盤や臀部などの神経が集まっている場所(仙骨神経叢)にがんが広がると、会陰部の痛みや太ももの後ろ側に神経障害性の疼痛が起きる場合があります。[注6]
肺がん
肺は極めて痛みに鈍感な臓器。患者を対象とした初発症状の調査において49%の方に胸痛が、25%の方に骨痛が出たとされていますが、これは肺がん以外の呼吸疾患でも見られる痛みです。がんが進行して肺を包む骨格や壁に広がったり骨転移が起きたりすると疼痛が出てきます。[注7]
皮膚がん
皮膚がんの場合は、患部が炎症を起こす、または刺激による痛みがほとんど。有棘細胞がんや基底細胞がんなどでは、がんの進行に伴い皮膚がただれたり潰瘍ができたりすることがあるので、知覚神経が刺激されて痛みが起こる場合があります。内臓痛、神経障害性疼痛が起こっている場合は、がんがリンパ節をはじめほかの臓器に転移し、その場所で痛みを起こしていると考えられるでしょう。[注8]
食道がん
初期のがんに出てくるのは、腫瘍ができた場所付近の胸痛、または胸部の違和感です。がんが肺や胸膜、肋骨などの周辺に広がると、刺すような体性痛や神経障害性疼痛を併発することがあります。[注9]
喉頭がん
喉頭がんに多い痛みは体性痛と神経障害性疼痛です。がんが骨に転移すると、会話時に痛みを伴う場合があります。[注10]
膀胱がん
排尿時に疼痛を生じる場合は、がんの場所が膀胱の出口に近いといえるでしょう。がんが進行して膀胱周囲に広がると、下腹部痛と陰茎の先端部への痛みにつながる場合があります。脊椎から骨盤、下肢などにつながる神経の集まりにがんが広がると、会陰部痛や太ももの裏側の神経障害性疼痛に。がんの進行により尿管がふさがると、尿が流れないために水腎症を引き起こし、背部痛、疝痛が起こる可能性があります。[注11]
すい臓がん
すい臓がんは診断の時点で腰痛、腰背部痛といった痛みが現れることがほとんど。悪性度の高いがんなので、サイズが小さくても周囲の血管、胆管、リンパと次々に転移。それによる内臓痛や神経障害性疼痛を早い段階で伴う場合があります。腫瘍が大きくなると十二指腸、横行結腸を狭くすることに。すると通過障害による膨満感、または痛みを生じる場合があります。[注12]

原発がんと違う痛み・症状の違いに注目

最初にがんと診断された箇所の周辺の痛みや症状に関しては注目していても、全く別の場所に何か不調が現れた場合には、なかなか対処できないものです。

例えば、肺がんの切除手術を受けた患者さんは、咳や血痰など肺がんの症状には敏感になりますが、物忘れや不安、うつなどの症状が現れても、ただの気分的な問題だと片づけがち。

しかし、これらの症状は、肺がんから遠隔転移した脳腫瘍が脳を圧迫することによる、精神障害である可能性も否定できないのです。

がんの治療中は、あらゆる場所への転移の可能性を考えて、全身の不調や痛みに敏感になる必要があります。

定期的に腫瘍マーカーなどをチェック[注13]

体に現れる痛みや不調に気を付けていても、小さな転移や再発には気が付かないことが多いのが現状。症状が現れてからでは遅い、という場合も多々あります。

そこで、やはり重要なのは定期的に行う受診や検査。内視鏡による検査や、X線、CT、MRIなどの画像診断はもちろん、血液による腫瘍マーカー検査なども、定期的に受けてチェックしておきましょう。

特に腫瘍マーカーは、血液検査で簡単に行えますが、再発や転移が起こっていないかを推測するひとつの目安として使えます。がんの治療中や経過観察中によく行われる検査ですので、数値をしっかり確認しましょう。

腫瘍マーカーとは?

がんというのは体の細胞の一部が異常に分裂を起こす状態を指します。普通ではそれほど変化しないはずのものが、がんによって著しく増減します。

がんの種類によって異なりますが、たんぱく質や酵素、ホルモンなどがこれらに該当。この数値をマークとして定期的に観察することで病気になっているかどうかを確認し、検査の方法とします。

たんぱく質や酵素、ホルモンなどの目印となる物質を腫瘍マーカーと呼ぶのです。通常、1つの腫瘍マーカーだけではなく、複数の腫瘍マーカーを組み合わせて検査を行います。

ここで気を付けなければならないのは、腫瘍マーカーが著しく変化したからといって必ずしもがんであるとは判断できないことです。逆に、腫瘍マーカーが正常であるからといって、必ずしもがんが存在しないとも言えません。

マーカーによっては、進行したがんでは異常な値を出すものの、早期がんでは正常値のままといったものも存在するため、腫瘍マーカーはあくまで1つの指標と考える必要があります。画像診断や病理検査といった他の検査と合わせて総合的な判断が必要です。

腫瘍マーカーの値のみを見て自己判断をせず、医師と相談のうえ、適切な検査を行ないましょう。

腫瘍マーカーの役割

腫瘍マーカーは進行したがんの動きを把握するために用いられているのが現状で、早期診断に使えるものとはまだ言えません。しかし、がんの動きを把握することで、治療効果が判定可能に。ほとんどの場合、腫瘍マーカーの値が高いがんを切除すると、腫瘍マーカー値は低下、もしくは改善されます。しかし、がんの再発に伴って腫瘍マーカーは再び上昇してくるので、術後の経過観察のために使用されることもあるそうです。

腫瘍マーカーの種類

多くの腫瘍マーカーが臨床の場で使われており、現在も新しい腫瘍マーカーが開発され、臨床応用される時期を待っている状態です。こちらでは腫瘍マーカーとして認められた種類と対応しているがんを紹介します。

α-フェトプロテイン(AFP)
肝細胞がん
糖鎖抗原125(CA125)
肺がん、乳がん、膵がん、卵巣がん
癌胎児性抗原(CEA)
肺がん、胆道がん、乳がん、胃がん、膵がん、大腸がん
サイトケラチン19フラグメント(CYFRA)
肺がん(扁平上皮がん)
エラスターゼ I(ElastaseI)
膵がん
NCC-ST-439
乳がん、膵がん、大腸がん
神経特異エノラーゼ(NSE)精密測定(NSE)
肺がん(小細胞がん)、神経芽細胞腫、甲状腺髄様がん
PIVKAII
肝細胞がん
ガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)
肺がん(小細胞がん)
前立腺特異抗原(PSA)
前立腺がん
扁平上皮癌関連抗原(SCC)
肺がん(扁平上皮がん)、子宮頸部がん、子宮体部がん
シアリルLex-i抗原(SLX)
肺がん、膵がん、卵巣がん
シアリルTn抗原(STN)
胃がん、膵がん、大腸がん、子宮頸部がん、卵巣がん
ヒト絨毛性ゴナドトロピンβ分画コア定量(βHCG)
子宮頚部がん、子宮体部がん、卵巣がん

がんが転移すると怖い場所について>>

がん検査について

がんの疑いを抱いてから、がんと診断され治療が開始されるまでに多くの段階があります。診断から治療までの流れを知っておくと、がん治療が開始されるまでの期間を異常に長く感じたり、不安に過ごしたりする必要がなくなるかもしれません。

がんの診断は、大きく分別すると「医師による問診と診察」と「詳細検査」の2段階に分かれます。この2つを経て、総合的な判断をしたうえでがん治療がスタートするのです。

治療の方針を決定するためにこの2つの段階があると考えて差し支えありません。

がんの種類もさまざまなら、がんに罹患する患者の状態もさまざま。より患者の状態に合った治療方法で効果を出すためにも、適切な治療方針を立てることが重要なのです。

医師による問診と診察

主に体の状態を確認します。どのような症状が出ているのかに加え、患者が過去にかかった病気や生活習慣、更には患者の家族の病歴等も詳しく聞かれます。まずは患者自身を詳細に調べていくのが、問診と診察です。

詳細検査

血液検査や画像診断などを行ないます。また、がんの状態に応じてがん自体を採取して病理検査を行なうことも。原発となっている箇所だけでなく、転移が認められないかといった観点も踏まえて全身の検査を行ない、患者の治療方針を決定します。

患者ががん検査の目的と流れを理解しておくことで、過度に心配をすることを避け、がん治療に向けた次段階の準備をすることができるのです。

がん診断の方法

画像検査・画像診断

がん検査ではまず画像診断を行ないます。症状の出ている箇所のみならず、転移の可能性がある箇所も含めて画像を確認。がんの大きさや状態を目視で確認することで、患者が今どのステージにいるのか、原発となっているがんはどこにあるのかといった判断を行ないます。

画像は、超音波、レントゲン、CT、MRI、PETなどの方法によって取得。罹患が疑われるがんの種類および状態によって、適切な方法で画像を取得するのです。

必要に応じて、内視鏡による検査や採取した病変を顕微鏡で確認する病理検査も行なわれます。

超音波検査

エコー検査と呼ばれる、超音波による検査を指します。音波を体の表面から照射し、対象となる臓器による跳ね返りを画像に起こす方法です。

臓器の表面に隆起等の病変が見られる場合に効果的。内視鏡を使って、腸や胃の内部から超音波検査を行なうこともあります。

体の表面に検査用ゼリーを塗ったうえで機器を当てるだけなので、検査による痛みはありません。

レントゲン検査

X線を用いて体の内部を画像にして検査を行ないます。X線室に入り、X線照射を受けるだけなので検査による痛みはありません。

ただし、部位によってはX線の造影剤となるバリウムを飲む必要があります。

CT検査

コンピュータートモグラフィーと呼ばれる技術を使った検査で、X線や電波によって体の断面を画像にして診断を行ないます。輪っかのような機器の中を仰向けになったまま通過し、X線や電波を照射して断面図を取得するものです。こちらも痛みはありません。

部位によっては造影剤を飲む、または注射する必要があるため、造影剤のアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

MRI

体に磁気を当てて体の断面図を取得する診断方法です。CT検査と比べて、大きな筒状の機械の中を仰向けになったまま通ります。

さまざまな角度からの断面図を取得でき、CTよりも精度の高いものを取得することができます。ただ、MRIの機器は金属片に反応するため、骨折や他の治療によって体内に金属のボルトなどを入れていることがあり、その際はMRI診断を行えません。

CTと比較すると大きな筒状の機器に、長時間入らなければならない可能性があるため、閉所恐怖症は事前に伝えておいたほうが良いでしょう。

PET

がん細胞は見ただけでは判断が難しい場合がほとんどです。そこで、がん細胞に反応する薬剤に非常に弱い放射性物質を混ぜたものを注射し、輪っか状の機器の中を通過して画像撮影を行ないます。これにより、がんと疑われる箇所の断面図が取得できるのです。

放射性物質は、時間が経てば尿と一緒に排出されるため問題はありません。ただし、がん細胞以外の部位にも反応する可能性があるため、100%がん細胞を特定できるわけではありません。

内視鏡検査

高精度カメラが先端に取り付けられた管を体に通して検査を行ないます。がんが疑われる箇所によっては、口から行なう場合と肛門から行なう場合があります。

内視鏡検査では病変を採取することが可能なため、そのまま病理検査にかけることもできます。

病理検査

採取されたがん細胞を、病理医が顕微鏡によって検査します。がんであるかどうかの検査だけでなく、どういったがんの種類であるかを診断することができるのが特徴。病理検査にかけられるがん細胞は、手術や内視鏡検査、腰椎穿刺といったさまざまな方法で採取されます。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト