再発・転移のサインは?

椅子と花がんと診断されて切除手術が終わっても、5年間はホッとできません。

再発や転移やいつ起こるか分かりませんから、新たな痛みが出ていないか身体症状に注意し、血液検査や画像診断で体の状態をチェックする必要があるのです。

再発や転移が起こっている場合、気が付きやすいサインや注意すべきポイントなどをまとめました。

原発がんの痛みや症状の種類・強さを把握しておく

最初に腫瘍が発見された原発がんの種類によって、当然ですが痛みや症状が異なります。乳がんであれば乳房にしこりができたり、肺がんであれば長く続く咳などが特徴です。

まずは、原発がんの症状が現れていた場所、痛みの強さなどを目安としてしっかり把握しておきましょう。

切除手術で原発巣を取り除いた後なのにもかかわらず、また症状が現れたり痛みが出たら再発が疑われます。別の場所に似た症状が出た場合も、転移や再発が疑われますから注意が必要です。

原発がんと違う痛み・症状の違いに注目

最初にがんと診断された箇所の周辺の痛みや症状に関しては注目していても、全く別の場所に何か不調が現れた場合には、なかなか対処できないものです。

例えば、肺がんの切除手術を受けた患者さんは、咳や血痰など肺がんの症状には敏感になりますが、物忘れや不安、うつなどの症状が現れても、ただの気分的な問題だと片づけがち。

しかし、これらの症状は、肺がんから遠隔転移した脳腫瘍が脳を圧迫することによる、精神障害である可能性も否定できないのです。

がんの治療中は、あらゆる場所への転移の可能性を考えて、全身の不調や痛みに敏感になる必要があります。

定期的に腫瘍マーカーなどをチェック

体に現れる痛みや不調に気を付けていても、小さな転移や再発には気が付かないことが多いのが現状。症状が現れてからでは遅い、という場合も多々あります。

そこで、やはり重要なのは定期的に行う受診や検査。内視鏡による検査や、X線、CT、MRIなどの画像診断はもちろん、血液による腫瘍マーカー検査なども、定期的に受けてチェックしておきましょう。

特に腫瘍マーカーは、血液検査で簡単に行えますが、再発や転移が起こっていないかを推測するひとつの目安として使えます。がんの治療中や経過観察中によく行われる検査ですので、数値をしっかり確認しましょう。

がんが転移すると怖い場所について>>

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト