転移の予防はできるのか

椅子と花がんという病気に転移や再発はつきものですが、早いうちに手を打てば転移せずに完治することも十分に可能です。転移や再発を防ぐために、どのような治療を行うべきなのか、3つの観点からまとめてみました。

詳しくは『治療中・予後観察中の方へ』のページで解説しますので、こちらも参考になさってください。

病院で行う標準治療としての転移・再発防止策

がんの転移や再発が起きているかどうかは、腫瘍がある程度まで大きくなってからでなければ確認できません。原発巣の切除の際にすべての腫瘍を取り切って完治したと思っていても、目に見えない微小ながんは残っていて、数か月または数年後に再び悪さを始めるわけです。

そこで、転移を起こしやすい種類のがんや、ステージが進行しているがんの場合は、腫瘍の切除手術を行った直後から、抗がん剤による化学療法や放射線治療を行います。全身に散らばっているかもしれない小さながん細胞を、大きな腫瘍になる前に死滅させてしまおう、というもので、中には手術中から放射線照射を行う治療法もあります。

それらの再発予防治療の期間は、がんの種類や治療の経過によっても異なりますが、およそ半年から長くて5年ほど。例えば、大腸がんなどの術後に行う化学療法の場合は半年から1年くらい、乳がんのホルモン療法などは5年以上行うこともあるそうです。

代替医療や漢方、健康食品でできる転移防止策

保険適用となる標準治療以外にも、がんの転移や再発を防止するために行う治療はいくつかあります。

例えば、漢方や鍼灸などの東洋医学の考え方に基づいた治療法があります。

東洋医学は、血流やリンパの流れなどを整えたり体を温めたりして、自らの免疫力や自然治癒力を高めることを目的とした全身治療が基本。がんという病気もひとつの腫瘍だけに注目せず、あらゆる場所に転移する可能性がある全身の病であると考えて、体内環境を整えることで転移や再発を防止しようというわけです。

また、がんワクチンや活性化させた免疫細胞を投与する免疫療法なども、本来持つ免疫力を強化することで微細ながん細胞を死滅させてしまう方法として有効であるとされています。

さらに、抗がん剤などの治療効果を高めたり、がんに打ち勝つ力をつける方法として、免疫力を強化する働きや解毒作用などの働きを持つ食品(成分)を摂取する方法も注目されています。

日常生活でできる転移防止策

がんが発生する要因として、加齢や遺伝的なものもちろんですが、喫煙や運動不足などの生活習慣も深くかかわっているのでは、と考えられています。

脂っこいものや塩分の濃いものなどが多い食事、喫煙、飲酒、運動不足、ストレスなどの日常生活における悪習慣が、がん細胞を発生させ活性化してしまうそうです。

外科治療や化学療法、放射線治療で腫瘍を無事にすべて取り除いたとしても、がん発生の要因となりそうな悪習慣を改善しなければ意味がありません。がんを転移&再発させないために、日常生活の改善から取り掛かりましょう。

ことり詳しくは「補完代替医療でできること」のページで紹介しています>>

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト