もしも転移してしまったら

椅子と花恐れていた転移や再発が見つかったら、絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、転移の場所や数、病状によって、治療法はまだまだ残されています。

転移の状況を見極め、できるだけ効果の高い、適切な治療法を選択しましょう。

局所的な転移なら外科治療も可能

転移した臓器や一か所のみで、腫瘍の数や大きさも小さいなら、十分に外科治療が可能です。原発のがんの治療はすでに終わっているなら、転移巣の切除や抗がん剤治療などの標準治療を集中的に行い、転移がんの進行を食い止めましょう。

切除手術の適応とならない場合でも、ガンマナイフなどピンポイントで放射線照射ができる治療などを受けることもできますし、乳がんや前立腺がんなどにはホルモン療法などを行うケースもあります。

いずれにせよ、がんの転移が局所的に留まっているなら、外科治療や放射線治療などの標準治療で腫瘍を取り除くか、できるだけ小さくしていく方針で治療を進めることができます。

全身性の転移なら免疫療法など先端治療を試してみても

『転移が脳にも肺にも見つかった』というように、複数の箇所へ同時多発的に転移が起こった場合、多くのケースで外科的な手術は適応となりません。

局所的にがんを取り除いたり死滅させたりすることを目的としている標準治療では、限界となってしまいます。多くの病院では、できるだけ苦痛を抑えて穏やかに生活できるよう、緩和ケアに切り替えて対応します。

しかし、完治や寛かいへの道が残されていないわけではありません。

例えば、自分の血液から免疫細胞を取り出して活性化させ、再び投与する免疫治療などは、全身に散らばったがん細胞を自らの免疫機能で見つけ、攻撃して減らすことができる新しい治療法。抗がん剤のような副作用もなく、全身治療ができます。

免疫療法は、免疫細胞の活性の方法を工夫したり、確実に治療効果がアップするよう研究が進められているそうです。この新しい治療法によって、末期と診断されていた患者さんが驚異的な回復を見せるケースがいくつも報告されています。

このような先端治療は、健康保険が適用されず自由診療となってしまうので、かなり高額な治療費となってしまうことがネックです。しかし、できる限りの可能性を試したいという人には、ひとつの選択肢として有効なのではないでしょうか。

がんが転移すると怖い場所について>>

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト