転移しやすいがん

椅子と花がんと聞くと、転移や再発が起こりやすいとイメージしがちですが、すべてのがんが必ず転移するとは限らないようです。

種類によって、転移の可能性が高いがんと、めったに転移を起こさないがんがあるので、転移を起こしやすいと言われているがんの転移先や、再発を起こしやすいがんについて特徴をまとめてみました。

“転移しやすいがん”と“しにくいがん”がある⁉

腫瘍が最初に発生した場所によって、がん細胞の性質が異なり、転移が起こる可能性が高いがんと、転移しにくいと言われるがんに分類されるそうです。がん細胞は、生じた始めは上皮細胞に似た構造をしていますが、進行すると形が変化し、最終的にはアメーバ状になり浸潤していくことが明らかになってきました。アメーバ状になったがん細胞は運動機能を獲得するため、他の臓器に転移してしまうのでしょう。

また、がんが発生した臓器の形状や位置などの要因によっても、転移が起こりやすくなります。例えば、大きな血管やリンパが周辺に集まっている臓器は、遠隔転移が生じやすくなるわけです。

逆に、がん細胞の性質と臓器の形状などの要因により、転移が起こりにくいがんもあります。

甲状腺がんや子宮頸がんなどを原発とするがんは、めったに転移を起こさないと言われています。

しかし、「がん」の定義には「転移すること」が含まれているため、絶対に転移しないわけではありません。がんが発生した臓器による差はあれど、どのがんも転移する可能性を持っています。

動物を使った実験では「転移しやすいがん細胞」と「転移しにくいがん細胞」があることが明らかになっていますが、がんが発生してみないと詳しい特徴は分からないため、どんながんでも転移の懸念がつきまといます。

がんが転移しやすいかどうかというのは、発生してみなければ判断できない場合が多く、「甲状腺がんだから絶対に転移はしない」「肝臓がんだから必ず転移してしまう」とは言い切れないのが実情です。転移していたことが明らかにならなければ、転移しやすさが計れない現実があります。

また、がんが大きいから転移しやすいわけでもありません。例えば、小さくても原発巣での進行の早い肺がんや前立腺がんなどは「転移しやすい」がんと言えるのではないでしょうか。反対に原発巣が肉眼で見えるほど大きくても、乳がん(養生肉腫)や肝細胞がんは他の臓器への転移があまり見られないことから、「転移しにくい」といえます。

がん細胞は血管やリンパ管などを通して、原発巣から転移していきます。小さな細胞単位で動くため、がんの大きさだけでは転移しやすさは計れないということでしょう。[注1]

<転移しやすいがんとその転移先>

転移しやすいがん 転移先
肺がん 肝臓、腎臓、肝臓、脳、骨 など
胃がん 肺、肝臓、腎臓、すい臓 など
乳がん 肝臓、肺、脳、骨 など
すい臓がん 肝臓、十二指腸、胆管、腹膜 など
大腸がん 肝臓、肺、脳、骨 など
悪性黒色腫(メラノーマ) リンパ節、骨 など

転移しやすい臓器とは

ここで言う「転移しやすい」とは、臓器間でのがん細胞の移動のことで、発症しやすさとはまた別です。

例えば、大腸がんは肝臓に転移しやすい特徴があります。しかし、直に接しているはずの腹膜にはあまり転移が見られません。

そのかわり、胃がんは腹膜に転移しやすいと言います。また、前立腺がんや乳がんは骨転移が見られます。原発巣で発生したがん細胞には、転移しやすい臓器とそうでない臓器があるということです。

臓器間でのがん転移は、血管やリンパ管を通って起こります。また、血流やリンパ液の流れに乗ってたどり着いた先の臓器が、がん細胞にとって増殖しやすい環境なのかも転移しやすさに関わっているようです。言い方が適切でないかもしれませんが、がん細胞が「種」だとすると相性の良い「土壌(臓器)」でなければ増殖しない・しにくいということになります。このような関係を「種と土壌説(seed and soil theory)」と言います。

この「血流やリンパ液の流れに乗る」「たどり着いた先の臓器との相性」と言う条件が複雑に絡み合うことで、がんの転移しやすさが変わってくるのです。[注2]

転移しやすいがんの転移例

他の臓器や器官へ転移を生じやすいがんについて、その原因や代表的な転移先を解説しましょう。

乳がん

乳がんは、女性の乳房にある乳腺に発生するがん。腫瘍は小さくても、早期からがん細胞がこぼれ落ちて周辺に転移しやすく、脇の下のリンパ節や乳房の下の筋肉組織に転移や浸潤を起こしてしまいます。リンパや血流に乗って、肝臓や脳などに遠隔転移することもあります。

すい臓がん

すい臓がんは症状が出にくく発見されにくいがんとして知られていますが、周辺に肝臓や胃、十二指腸などの臓器が集まっていることから、転移しやすいがんとしても注意が必要です。さらに、大きな血管や神経なども多く、遠隔転移を起こしてしまう可能性も高いがんです。

胃がん

胃がんが最初に発生するのは、胃の表層にある粘膜ですが、浸潤して固有筋層まで達すると、リンパ管や血管が多く通っており、リンパの流れや血流によって転移しやすくなってしまいます。胃がんの場合、リンパ行性転移、血行性転移、腹膜転移の順に起こりやすくなります。

再発しやすいがんとは

転移と同様に、細胞の性質上、再発しやすいとされるがんもあります。

特に再発しやすいとされているのは、肝臓がんやすい臓がん、膀胱がんなど。初期治療で臓器を全摘出してしまった場合は別ですが、腫瘍細胞のみを切除したケースでかなりの確率で再発すると言われています。

特に肝臓がんは、術後3年以内で5割、5年以内では8割が再発したというデータがあります。肝臓がんの原因のひとつと言われる肝炎ウイルスは手術後も残り続けていて、これががんを引き起こすというケースが多いそうです。

がんが転移すると怖い場所について>>

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト