再発との違い

椅子と花がんの転移や再発という言葉は良く耳にしますが、実際にはどのような仕組みで起こることなのでしょう。

転移と再発との違いや、再発が起こる仕組みについて簡単に説明していきます。

がんの再発が起こるしくみとは

がんと診断されるとすぐに、腫瘍のある位置や大きさ、数などを各種の画像検査で確認し、切除手術を受けることになります。

開腹し、または内視鏡や腹腔鏡などで、目に見える範囲の腫瘍をすべて取り除く治療を行いますが、切除には限界があり、ごく小さなものは取り逃してしまうことがあります。

また、最初に腫瘍が発見された時、すでに目に見えない微小な転移が起こっている場合があり、それらを残さず切除することはとても難しいことです。

ですから、初回の外科手術で腫瘍を取り除いて完治したものと思っていても、残っていたがん細胞が再び増殖し始めることがあり、それを“再発”と言います。

目に見えない微小ながん細胞は手術で切除できないので、再発を防止するために外科治療と同時に抗がん剤による化学療法が行なわれます。薬によって、細かながん細胞まで死滅させてしまうわけです。

この方法は現在、ごく一般的な治療法となっていますが、このことは、がん治療における再発が決して珍しいことではない、という事実を物語っています。

再発と転移の違いとは

腫瘍が最初に発生した場所を“原発”と言いますが、原発した臓器や器官で切除されなかったがん細胞が残っていた場合、同じ場所で再び増殖することを再発と呼びます。

転移の場合は、発生する経緯がちょっと異なっていて、原発の場所から血流やリンパの流れに乗ってがん細胞が移動し、別の臓器や器官で増殖を繰り返します。

また、原発の臓器ががんの浸潤によって破裂したり、がん細胞が内臓の壁を突き破ったりした場合に、周辺の臓器や器官へ腫瘍がばらまかれてくっ付き、増殖してしまった場合も転移と言います。

転移も再発も、がん細胞自体は原発がんのものと同じ性質を持ち合わせています。厳密には、転移も再発の一種なのですが、便宜上区別しているわけです。

がんが転移すると怖い場所について>>

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト