がんの転移が心配なときに読むサイト HOME » がんの転移が発見された方へ あきらめないがん治療

がんの転移が発見された方へ あきらめないがん治療

クローバーと小鳥がんは本来、転移や再発を繰り返す性質を持っています。外科手術などの初期治療を、できる限り厳密に行っても、がんの種類によっては転移が免れない場合もあります。治療を担当する医師も、転移や再発の可能性を熟知した上で治療を行っているのが現状です。

転移が見つかったとき、どんな方でも絶望的な気持ちになってしまうことは否めません。しかし、国民の2人に1人が罹患すると言われている今、がんの治療法は研究者の熱意によって日々進歩を遂げています。手術や抗がん剤療法などの標準治療はもちろん、それ以外にも新しい治療法や薬などが続々と開発され、選択肢が広がってきているのです。

そこで、転移や再発が発見された場合に選択すべき治療法について、標準治療と代替医療の両面で解説してみたいと思います。

標準治療については、手術や抗がん剤治療、放射線治療によってどのようなことができるのか、適応となるケースについて紹介します。また、標準治療以外の代替医療についても簡単に説明しましょう。

 

治療法一覧

手術療法

がんの転移が見つかった場合、手術による根治を諦めて放射線療法や抗がん剤治療などによる全身治療となるケースが多いですが、転移したがんの状態や患者さんの体力などの問題をクリアすることができれば、転移後の再手術も可能になる場合もあります。

手術療法で重要な点は転移した腫瘍がきちんと取りきれるかどうか。がん腫瘍を残したままでは手術する意味もなくなってしまいます。開腹してみて腫瘍が想像以上に臓器に浸潤していた場合、手を出さずそのままインオペ(手術不能:手を出さずにそのまま閉腹すること)にすることもあります。

転移後の再手術は腫瘍の状態や患者の状態といったさまざまな条件をクリアしなければ行われません。しかし、その条件が揃えば転移後の根治手術も不可能ではないといえます。

抗がん剤

同時に複数のがん細胞が見つかった場合や手術が困難な場合は抗がん剤を使用した全身治療を行う場合がほとんどです。抗がん剤による治療は辛いものだといったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?確かに抗がん剤治療は高い効果を発揮してくれるのと同時に体に負担を与え、時には逃げ出したくなるようなダメージを与えることも事実です。

強い薬には強い副作用がつきもの。緩和ケアなどで多少のダメージコントロールはできても、使用する薬剤の種類によっては辛い治療となってしまう可能性は高くなってきてしまいます。しかし、医学の進展は日進月歩。最近では副作用の少ない抗がん剤も次々に開発されています。

がんだから、転移したから、再発したからといって諦めずにがんという病気に真っ正面から対峙することが健康を取り戻す要と言えるでしょう。

放射線療法

放射線療法はメスを使わずに、X線やガンマ線などの放射線を照射することでがん細胞を死滅させる治療法です。放射線療法にはがん細胞の遺伝子を死滅させる効果があり、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

体に負担のかかる手術や抗がん剤と違い、がん細胞を狙って局所的に治療することができるため体力のない人でも治療することが可能です。放射線療法はがん治療の中でも副作用の小さい治療法ですが、皮膚への炎症や倦怠感などの症状が現れることもあるようです。一口に放射線療法といってもその方法はさまざまで、体外からがん細胞に向けて照射する外部照射や体内に放射性物質を入れて体内から照射する内部照射、手術中に直接切除部位に放射する術中照射といった方法などがあります。

照射方法は患者の状態に合わせて医師がベストなものを考えてくれるでしょう。

免疫療法

免疫療法はがん治療において最先端の治療とされているもので、体に負担が少なく、副作用も小さい、今、最も注目されているがん治療です。免疫療法とはその名の通り、自らの免疫力によってがん細胞を攻撃する治療法で免疫細胞活性化療法と呼ばれています。免疫細胞活性化療法はまず、患者の体内から免疫細胞を取り出して、その免疫細胞を専用の培養液で活性化させながら増殖させ、活性化した免疫細胞だけを生理食塩水と一緒に体内に流し込むといった方法です。

免疫療法にもさまざまなものがあり、現在行われている主なものにはNK細胞療法や樹状細胞ワクチン療法、ガンマ・デルタT細胞療法、CTL療法などがありますが、この種類の違いは体内のどのような免疫を活性化させるかという違いになっています。体内から免疫細胞を取り出して…と聞くと大変なことのように思いますが、治療法は至ってシンプル。

患者から血液を採取し、2〜3週間後に点滴を受ける治療を数回繰り返すだけなのです。これでがんを克服することができるのなら飛びつきたくなるような治療法ですが、免疫療法はまだ保険適応外の治療法となっています。つまり、全額自己負担となってしまうということですね。しかし、治療後のクオリティー・オブ・ライフを考えるのであれば、値が張っても体へのダメージの少ない免疫療法を選択してみることを考えてもいいのではないでしょうか?

代替医療の併用

代替医療とは手術や抗がん剤治療、放射線治療の効果を高めるために行う治療法です。東洋医学である漢方や鍼灸を使ったものや、アロマテラピーを応用して痛みやストレスなどの緩和ケアを行うもの、健康食品やサプリメントを摂取する方法など、その数の多さはがんを患った人に対してそれぞれです。

代替医療の併用を行う上で注意しなければならない点は、自己判断で始めず必ず医師と相談すること。治療時の体の状態は患者自身よりも医師の方が詳しいといえます。特に、漢方やサプリメントの摂取は体内に成分を取り込むことになるので、摂取する前に相談しておいた方がいいです。

有効だと思って摂取したものが余計な悪さをする可能性も否めません。医師と相談しながら自分に合った代替医療を見つけていくのも健康を取り戻す大きな第一歩となることでしょう。

先進医療

日々研究が進められるがん治療。治療法の中でも、現段階では保険診療の適用にはなっていないものの、将来的に保険診療適用となりうる治療法と評価された治療法を、一般的に「先進医療」と呼びます。

厚労省から先進医療と認められた治療法は、基本的に先進医療にかかる治療費は全額自己負担となるものの、保険診療との併用ができます。また、税金の医療費控除を受けられる対象にもなりますので、がんの治療費が心配な方にとっても、ある意味”助かる“制度と言えるのです。先進医療を受けるには、医師や医療機関から説明を受け、その内容に同意・署名しなければなりません。

2018年3月9日現在で、先進医療として認められているがん治療には「陽子線治療」「重粒子線治療」「腹腔鏡下広汎子宮全摘術」「活性化自己リンパ球移入療法」などがあります。

先進医療は適応するがんの種類が制限されている場合や、先進医療そのものを受けられる医療機関が限られている点がデメリットと言えます。先進医療を受けたいと思った場合、まずはお近くの医療機関でその先進医療が受けられるかを確認しなければなりません。まあ他、費用も保険診療対象外となりますので、治療費という点から。受けたくても受けられないというケースも出てくるでしょう。先進医療だからと言って、根治率が100%になるわけではないことも、きちんと理解しておきましょう。

厚生労働省「先進医療の各技術の概要」(2018年3月13日確認)

厚生労働省「先進医療を実施している医療機関の一覧」(2018年3月13日確認)

標準療法以外のがん治療のいま

がん治療は、放射線治療や薬物療法(抗がん剤治療)、外科手術などの標準療法以外にも、さまざまな民間療法や漢方治療、運動量方、食事療法などがあります。中でも世界的にがんの代替療法として健康食品やサプリメントによる治療への関心が高まっています。

ハーバード大学が2002年にまとめたがんの代替療法に関する有効性と安全性に関する報告では、治療が有効であることを現行の科学的研究などで示唆されている治療法として「潜在性前立腺がんに対するビタミンEサプリメント」「化学療法による吐き気や嘔吐に対する針灸」「不安に対するマッサージ」などが指摘されています。[1]

がんの発症の原因の1つにフリーラジカルによる遺伝子損傷が考えられ,抗酸化物によるがん予防の試験が多く行われている. 疫学的にはEレベルとがんの発症の関係があることが知られていたが,最近の前向きコホート研究で,Eの投与でごく軽微ながら肺がんの頻度が上昇したとの報告もある.一方フィンランドの男性喫煙者にall-rac-α-Toc ace 50mg/日を投与した ATBC試験やWHS 試験などの介入試験では,Eの投与は肺がんの発症率には影響 しないとの報告もある.〜中略〜肺がん発症には予防効果がなかったが,前立腺がんの発症は32%減少した.他に大腸癌の予防や抗がん剤の副作用軽減など興味あるデータが報告されている

出典:(PDF) 「ビタミンEは疾患予防に対して有効か? : 介入試験とバイオマーカーに基づく評価」ビタミン,83(5-6),2009[PDF]

また、漢方薬もがん治療において患者の気力と体力を維持・回復させる目的で用いられることがあります。

がん治療を成功させるためには,患者の気力と体力の回復と維持が重要である。そのための漢方薬の適用法は,補剤(補中益気湯,十全大補湯,人参養栄湯など),補腎剤(牛車腎気丸など)および駆瘀血剤(桂枝茯苓丸,桃核承気湯,当帰芍薬散など)をそれぞれ選択し,正しく組み合わせた治療である。患者は状態に合った漢方薬を服用すると,食欲・睡眠・排便・排尿などの基本的な生体機能が回復し,栄養状態や精神状態も改善する。治療の副作用が抑制されるため予定どおりのがん治療が完遂でき,さらに免疫力が高まるため患者の治療成績は向上する。また,高度進行がんで他に治療法がない患者にとって,漢方は最後の一手ともなる。

出典: 「がんの症状と用いる漢方薬」癌と化学療法,42(13),2015

こうした標準療法以外のがん治療は、がんの症状を緩和させる・副作用を軽減させる・がんそのものを予防するなどそれぞれ「どんな風に効果があるのか」が異なります。

がんを根治させようと標準療法以外の療法も検討する際には、ただ闇雲に「がんにいい」というだけでなく、どうして、どうのようにいいのかをしっかりと確認しましょう。

また、乳がんに対する大豆サプリメントによる治療は、植物性エストロゲンが本来のエストロゲンと同じ働きを体内ですることで、乳がんのリスクが高くなるとの意見もあります。このように、治療法によっては、明確な根拠がまだまだ乏しいケースや、逆効果になることを指摘されているケースもありますので、しっかりと情報収集し、医師とも相談するようにしましょう。

国立がん研究センター「代替療法(健康食品やサプリメント)」(2018年3月13日確認)

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト