放射線療法

ひまわりがんの三大治療のひとつ放射線治療は、X線やガンマ線などを使ってがん細胞に直接働きかける治療法。手術療法が適用とならない転移・再発がんには、特に有効と言われています。

放射線照射による転移巣への治療について、ポイントをまとめて解説しましょう。

切らずにピンポイントで治療できる放射線治療

放射線療法は、その名の通りX線などの放射線を照射することでがん細胞を死滅させる治療法。電磁波や電子線、粒子線などは、がん細胞の遺伝子を破壊する効果があり、がんの増殖を抑えることができるのです。

抗がん剤のような全身治療ではなく手術療法に近い局所的な治療法ですが、病巣を直接切除することはないので手術を受ける体力のない方でも治療できます。

手術ができない部分のがんを治療することもでき、臓器を切除しないので機能を温存することも可能です。例えば、骨転移の進行を抑えて痛みを緩和するために、放射線の照射を行うケースが多いようです。

外部照射・内部照射・術中照射など方法もさまざま

放射線治療には、皮膚の外から病巣部に向けて照射する外部照射と、体内に放射性物質を入れて体内から照射する、内部照射という方法があります。さらに、腫瘍の切除手術と同時に、患部へ直接照射する術中照射という方法もあります。病巣部により近い部分から照射した方が、がん抑制の効果が上がりますし、副作用のリスクも少なくなります。

例えば、最も一般的な方法である外部照射の場合、放射線を当てた部分の皮膚が日焼けのような炎症を起こしたり、かゆみや皮膚がはがれたりする副作用が出ることがあります。倦怠感や嘔吐、食欲低下といった全身症状が現れることもあるそうです。

陽子線治療や重粒子線など最先端の治療も

最近では、放射線治療のひとつとして、陽子線や重粒子線といった新しいタイプの治療法が開発されています。

陽子線治療は、X線やガンマ線にかわって陽子線と呼ばれるものを使った先進医療で、体に照射したときに、一定の深さよりも奥に進まないという特殊な性質を持っています。正常な部分を傷つけることなく、想定した深さの部分に集中して照射することができるので、効率よくがん細胞だけを狙って破壊することができるのです。

重粒子線治療も同様に、標的となる腫瘍の位置や深さ、腫瘍の形までキッチリ図って照射し、腫瘍以外の部分は傷つけずに治療ができる最先端の放射線治療です。

どちらの治療法も、保険適用となる標準治療ではありません。限られた医療機関でのみ受けられる先進医療ですので、治療にかかる技術料については全額負担となってしまいますが、転移性がんの治療法としては、かなり効果の高いもののひとつと考えて良いでしょう。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト