温熱療法(ハイパーサーミア)

ひまわり温まりやすく熱に弱い性質を持つがん細胞。その性質を利用して、電磁波でがん細胞だけを加熱し死滅させる治療法として注目を集めているのがハイパーサーミア(温熱療法)です。ここでは、ハイパーサーミアの特徴やメカニズムを解説。メリット・デメリットについてもまとめています。

ハイパーサーミアとは

ハイパーサーミアとは温熱療法のこと。がん細胞が正常な細胞と比較して熱に弱いことを利用して、電磁波でがん細胞だけを選択的に加熱し破壊する治療方法です。従来の手術や放射線治療、薬物療法といった標準治療と組み合わせることで治療効果を高めるとして注目を浴びるようになりました。現在ハイパーサーミアは、集学的治療の一環として位置づけられています。

ハイパーサーミアは補助療法として用いられることが多い治療法ですが、手術で切除できない症例や放射線、化学療法で治癒が望めない症例などにも適応できます。また、治癒できない進行がんや再発がんにおいても、ハイパーサーミアによって腫瘍の縮小や延命効果が得られることが分かっています

さらに、がんによる痛みを緩和する効果が証明されており、患者のQOL(生活の質)を改善する治療法としても有用だとされているのです。[注1]

  • [注1]『がんが再発・転移したときにまず読む本―痛み対策・緩和医療・終末期のケアがよくわかる (名医の最新治療) 』石谷邦彦(2009年 主婦の友社)

ハイパーサーミアのメカニズム

がん細胞は正常な細胞に比べて熱に弱いという性質を持っています。正常な細胞の場合約46℃までなら生き続けることが可能ですが、がん細胞は42.5℃以上の熱を加えると死滅するのです。[注1]

また、正常な細胞より温度が上がりやすいのもがん細胞の特徴の一つ。正常な細胞と同じように加温しても、がん細胞は約1~2℃温度が上昇することが分かっています。正常な細胞は加温すると周りの血管が拡張し、血流量が増加することによって余分な熱を放出します。しかし、がん細胞は血管を拡張できません。そのためハイパーサーミア療法で加温すると、熱が放出できずがん細胞だけが温められ破壊されます。[注2]

ハイパーサーミアのメリットとデメリット

ハイパーサーミアのメリットは、二次発がんの危険性が少ないこと。また、標準治療と組み合わせることで相乗効果が期待できます。治療費用に関しても一部健康保険が適用されるので、自己負担額を抑えることも可能です。

一方、デメリットは治療そのものによる身体への負担があげられます。治療では全身または局所的に熱を加え続けるため、体温が上がり大量の汗をかくことも。それにより熱中症を引き起こすおそれがあるのです。また、体温の上昇で筋肉のこわばりや全身に倦怠感が残る場合があります。ごくまれに、治療箇所の皮膚に熱傷ができる、または皮下脂肪が硬くなるなどの副作用が現れることもあります。[注2]

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト