免疫療法

ひまわりがんに対する第四の治療法として注目されている免疫療法。手術療法や放射線治療のような身体の負担が少なく、抗がん剤治療のような副作用もない新しいタイプの治療法です。

転移がんや進行したがんにも効果を発揮すると言われ、様々な種類が開発されている免疫療法について解説してみたいと思います。

自らの免疫力でがん細胞を攻撃する“免疫細胞活性化療法”

がんの治療法と言うと、腫瘍を外科的に切除するか、または薬剤や放射線によって外部から攻撃してがん細胞を減らすかといった方法に終始しがち。このように体の外から腫瘍にアプローチすると、やはり外科的な傷や薬剤の副作用などは必ず起こってしまいます。そんな問題を払拭しながら、がんを確実に減らすことができる新しいタイプの治療法が免疫療法です。

免疫療法の基本は、患者の体からの免疫細胞を取り出して活性化させることにあります。まずは、患者さんから採血し治療に使われる免疫細胞を選り分けて、専用の培養液で活性化させながら増殖させます。活性化した免疫細胞だけを集めて生理食塩水と共に体へ戻し、がん細胞を攻撃させるという方法です。

現在行われている免疫療法は、『樹状細胞ワクチン療法』、『NK細胞療法』、『ガンマ・デルタT細胞療法』、『アルファ・ベータT細胞療法』、『CTL療法』など。体内に存在しているどの種類の免疫細胞を活性化させるかという違いによって、数種類に分類されています。

免疫とは
免疫は、異物が体内に侵入するのを防いだり、侵入してきた異物を排除したりする働きを指します。異物とは、主に体の細胞ではないもの全般のこと。細菌やウイルスなどが代表的な異物の例です。インフルエンザワクチンをはじめとする予防接種は、免疫の仕組みを利用しています。免疫で役割を果たしているのは、血液のなかに存在する白血球と、白血球に異物侵入の情報を伝える役割を持っている樹状細胞です。これらを総称して、免疫細胞と呼んでいます。[注1]
免疫療法とは
免疫療法とは、免疫細胞の本来の力を活性化させてがんを治療する方法です。体内では、発生しているがん細胞を異物と判別して排除しようとします。しかし、免疫細胞が弱まっている状態、またはがん細胞により動きにブレーキをかけられた状態になることで、がん細胞を排除しきれない場合があるのです。免疫療法は、体内の免疫を強めることで、がん細胞を排除していきます。[注1]
効果を発揮する免疫療法の目的とは
免疫療法を行うことで期待できる効果は治療法や症状によってさまざま。代表的な例は延命効果や生活の質(QOL)の改善、治癒などです。腫瘍のサイズが小さくなることで引き起こされる症状が軽減される場合もあります。効果が期待できる免疫療法は外科治療、化学療法、放射線治療に次ぐ治療法として期待されており、研究と開発が進められています。[注1]
効果が期待できる免疫療法の種類
これまでの研究では、ほとんどの免疫療法で有効性が認められませんでした。現在の研究で効果が期待できるとされる免疫療法は、がん細胞の働きにブレーキをかける仕組みに働きかける方法をはじめ、一部に限られています。治療効果が認められるがんの種類も限定的です。ほとんどの免疫療法は、まだまだ研究開発段階といえるでしょう。効果が明らかにされ、標準治療として診療ガイドラインに記載されている治療方法は、免疫チェックポイント阻害剤を使用した免疫療法とサイトカイン療法、免疫賦活剤(BCG)のみです。免疫チェックポイント阻害剤による免疫療法はPD-1阻害剤、CTLA-4阻害剤、PD-L1阻害剤の4つを単独で投与する方法と、CTLA-4阻害剤とPD-1阻害剤の2つを併用する方法を提供。サイトカイン療法ではインターフェロンα、インターロイキン、インターフェロンγを提供しています。[注1]
体内の免疫細胞を活性化させる方法
免疫細胞を活性化させる(アクセルを強める)物質の投与によって、がん細胞にアプローチする治療法があり、サイトカイン療法やがんワクチン療法、免疫細胞療法などが当てはまります。サイトカイン療法とBCGを使用した治療は標準治療に認定されていますが、がんワクチン療法、免疫細胞療法の安全性と有効性はまだ確立されていません。[注1]
チェックポイント阻害剤とは
体内に異物が入ると、免疫が排除するように働きますが、一方で免疫が強くなりすぎると自己免疫疾患またはアレルギー症状が出てくるので、免疫細胞が自らの免疫反応を抑える仕組みを備えています。がん細胞はこの仕組みを利用して、免疫から逃れていることがわかりました。がん細胞は細胞の表面にたんぱく質のアンテナを出し、免疫を抑制する免疫チェックポイントという免疫のたんぱく質と結合。異物を攻撃しないようにする偽の情報を送り、免疫細胞を鎮静化させます。がん細胞が免疫チェックポイントと結合しないようにすれば、免疫が働くのではないかと開発されたのが免疫チェックポイント阻害剤です。国内で承認されているのは数種類のみで、まだ承認されて間もないものばかり。どのような副作用が出てくるのか明らかになっていないので、投与は慎重に行われているようです。[注1]

体への負担も副作用も少ない新しい治療法

免疫療法は、医療者にとって画期的な治療法ではありますが、患者さんから見れば至ってシンプルな治療内容となっています。採血を行い2〜3週間後に点滴を受ける治療を数回繰り返すだけなので、患者さんの体への負担が少ないのが特徴です。

自己の免疫細胞を使うので拒絶反応もありませんし、正常な細胞を傷つけることなくがん細胞だけを攻撃できるので、抗がん剤のような副作用もありません。ごくまれに軽いアレルギー症状が出ることがあるそうですが、問題となるような副作用は報告されていないそうです。

最先端の治療法なので費用は全額自己負担

免疫療法は、重大な副作用もなく体の負担も少ない画期的ながん治療法ではありますが、ひとつ問題として、高額な治療費がかかってしまう点が挙げられます。

最先端の治療法として注目されているものの、いまだ臨床例が少ないため、健康保険の適用となっていないのです。免疫療法に関わるすべての技術料、薬剤費、処置料などは全額自己負担となってしまいますから、数百万円単位の治療費を用意しなければならない場合があります。

免疫療法の効果
免疫療法はすぐに効果を実感することが多い治療法ですが、症状やがんの種類などによっては治療開始から効果を実感するまでに日数がかかる場合があります。治療を受けた患者のなかには、治療開始から数か月後にがんへの効果が見られた方や、免疫療法終了後も効果が続いた方がいたそうです。現在では化学療法とは別の効果判定が必要という考えが出てきたことから、免疫療法の特徴に合った効果判定の基準作りが検討されています。[注1]
免疫療法の副作用
免疫療法は化学療法に比べて副作用が少ないという報告が出ています。しかし、副作用がいつ生じるか予測がつかないため注意が必要です。副作用は投与した直後に生じることもあれば、投与が終了して数週間から数ヶ月後に生じることもあります。副作用の種類は疲労や発熱、食欲不振などがあり、免疫療法の種類によってさまざまです。免疫チェックポイント阻害剤では皮膚障害や肺障害、腎障害と多くの副作用が挙げられます。しかし副作用に敏感になることはありません。事前に起きる可能性がある症状を知っておき、体調を確認しつつ少しでもいつもと違う症状を感じたら医師、看護師、薬剤師に相談しましょう。[注1]

転移がんに対する免疫療法の有用性

免疫療法はがんの種類や患者によって有用性が変わる

免疫療法は世界的に研究が進められている技術ですが、がんに対しての処置は三大療法を中心にエビデンスや臨床試験を積み重ねているものが多く、どのがんに対してどのワクチンを使えばよいのかについてまだ明らかになっていません。

また、臨床試験では「既存の療法と免疫療法を比べたときの差」を調べているものが多いです。「免疫チェックポイント阻害剤同士を比べた場合、どちらのほうが優れているのか」を比べる段階まで試験が進んでいないため、免疫チェックポイント阻害剤同士の優劣もわかりません。

さらに、特定のがんに対抗できるとされている免疫チェックポイント阻害剤であっても、すべての患者におすすめできるわけではないことがわかっています。ノーベル賞受賞者、本庶佑氏の研究から生まれた「オプジーボ」も、アメリカ臨床腫瘍学会で発表されたCheckMate017・CheckMate57という2つの試験では、客観的に使った意味があったのはそれぞれ被験者の20%と19.2%に過ぎませんでした。[注2]

この調査で対象になっているがんは、進行中の転移がんである「転移性肺扁平上皮がん」と「転移性非小細胞肺がん」の2種類。同じがんにかかっている患者でも、患者の条件や持病等によって免疫療法をしても意味がない場合があるのです。三大療法でもがんの根絶ができないのと同様、すべてのがんに意味のある夢のような免疫療法は発見されていません。

なお、オプジーボに関しては、膠原病・リウマチ・間質性肺炎の患者が使用した場合、重い副作用が出る可能性が高いというリスクも指摘されています。副作用の発現率に限れば、先ほど紹介したCheclMate017試験に参加した58%、CheckMate057の参加者中69%が、何らかの副作用を得ているなど、使用上のりリスクがあるのも事実です。[注2]

同じがん、同じ免疫療法であっても、患者の体重や健康状態によって利用できるものは変わってきます。それに、臨床試験の結果を1つピックアップして有用性を判定するわけにもいきません。実験ごとに免疫療法の投与量や被験者の数が違う以上、実験同士を単純比較することが難しいからです。

また、日夜新しい臨床試験の結果が更新されているため、現役の医師でもすべての論文や研究結果に目を通しているとは限りません。「以前の調査では意味がないとされていたが、一部有用だとわかった」「ほかの療法と組み合わせると有用だった」など、新しい実験結果によってそれまで定説とされていた有用性についての考え方がひっくり返ってしまった例もあります。

単純に「このがんにはこの免疫療法」と考えるのが難しいため、免疫療法に興味がある場合は、がんの種類や免疫チェックポイント阻害剤の種類ごとに有用性を判断できる医師を見つけて相談しましょう。

肺がんと免疫療法

肺がんは、数あるがんのなかで最も免疫チェックポイント阻害剤の臨床試験が多いがんです。とくに、肺がんが進行してしまい、一般的にはもう手術や放射線療法での対応ができなくなったステージⅣの臨床試験が非常に多く、有用性も複数の実験で確認されています。

ただ、遺伝子型やどの療法を組み合わせるかによってそれぞれ試験結果が異なるため、注意が必要です。診療ガイドラインに記載されている商品でも、がんの種類によっては保険の適用にならない場合があります。

胃がんと免疫療法

肺がんに比べると数はぐっと少なくなりますが、胃がん患者に対する免疫療法の臨床試験も進行中です。ただし、多くの臨床試験は3段階ある治験のフェーズ3まで進んでいません。残念ながら、治験の結果が出揃うまでは胃がんの転移時に免疫療法を選んだほうがよいのかを検討することはできないでしょう。

ただし、オプジーボに関しては治験の最終段階まで臨床試験が進んでおり、標準治療としてステージⅣの胃がんに利用できるようになっています。

乳がんと免疫療法

乳がんに対する免疫療法のなかで、注目を集めているのがテセントリクという免疫チェックポイント阻害剤です。テセントリクは2018年の1月に非小細胞肺がんの適用治療として認定されていますが、乳がんに対する臨床試験も進められており、2018年の12月に乳がんの適用治療になるべく申請も行われています。

通常の方法では対処するのが難しい「トリプルネガティブ乳がん」に対して有用だという結果が出ているため、将来性の高さが魅力です。

大腸がんと免疫療法

当初、大腸がんは免疫チェックポイント阻害剤を使っても意味がないとされていました。しかし、数は少ないものの臨床試験は進められており、特定の療法と組み合わせた場合意味があるのではないかという結果が出ています。

また、アメリカのFDAでは大腸がんに対する有用性で一部の免疫チェックポイント阻害剤が承認を受けており、今後研究が進めば日本で標準治療になる可能性も無視できません。

腎臓がんと免疫療法

腎臓がんに関しては、アメリカのFDAでは唯一オプジーボが承認を受けています。臨床試験の数こそ少ないですが、一方で臨床試験ではすでに承認されている分子標的薬と比較して「有用性が見られた」という結果になっているため、期待度は高いです。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト