緩和ケア

がん治療の緩和ケア

緩和ケアについて

がん治療の緩和ケアは、「治療が辛い」と思ったときから始まるものです。がんの進行が見られた場合だけでなく、がんが発見された段階や治療中にも行われます。

がんと診断された場合、大きく落ち込んだり、不安で眠れなくなったりする人も少なくありません。また、治療中は食欲の減退、痛みが強くでることもあります。がんに対する辛さを緩和するという考え方のもと、緩和ケアは行われるのです。がんと診断されてから早い段階で緩和ケアを行っていけば、治療や様々な症状を和らげながら生活を送ることに繋がります。

本人や家族が自分らしく過ごせるように緩和ケアはある

がんの治療中は吐き気やだるさ、痛み、精神面の負担など患者さんにかかる負担は大きくなります。症状の軽減や普段と変わらない日常生活を送れるようにするなど、緩和ケアには自分らしい生活を送るための目的があります。医学的な観点から見ても、幅広い意味があるのです。

緩和ケアの役割として、がんの時期に関係なく、がんによる心身の辛さや痛みを和らげる役割があります。また、患者だけでなく患者を支える家族のサポートをするのも緩和ケアの1つです。緩和ケアを行なう病院や支援センターでは、治療や症状による身体の辛さのみではなく、社会制度の利用を含めて支援を提案してくれます。

緩和ケアを利用する時期

緩和ケアについては、がんが進行した患者に対するものであると誤解しているケースもあります。そのため、「まだ緩和ケアを受けるタイミングではない」と考えてしまう患者や家族も少なくありません。しかし、緩和ケアを受ける時期は、がんが進行した段階ではなく、がんと診断されたときから受けられます。緩和ケアは治療に伴う吐き気や痛み食欲不振といった様々な症状を緩和する目的のほか、病気に対しての精神的な苦痛を和らげるためにあるのです。

緩和ケアを受けるには?

緩和ケアの方法には、いくつか種類があります。種類に応じて目的も多少異なるため、どのようなケアが自分自身に合っているのかを確認することが大切です。

緩和ケア外来

がん治療のために通院している患者に対し、外来で緩和ケアを行います。在宅で行っている患者が通院して受けることも多いです。担当医の診療とがん治療を行いながら、症状によって異なる辛さや痛みを緩和するためのサポートが受けられます。また、患者を支える家族の心のケアも行っています。

診療所や訪問看護ステーションと協力しながら、在宅緩和ケアを実施できるようサポートしたり、家族や本人の要望によって緩和ケア病棟を紹介したりといった役割もあります。

在宅緩和ケア

在宅緩和ケアとは、自宅もしくは地元の介護施設で、在宅ホスピスや緩和ケアを行う方法です。訪問看護士や在宅医などが全国でケアサービスを提供。介護保険も適用されます。住み慣れた家で家族と過ごしながらケアを受けられるため、安心して治療に臨める患者も多いようです。

一人暮らしや、家族が高齢といった理由で治療を継続することが難しい、介護について不安があるなどの理由から、患者本人や家族に選ばれる場合もあります。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟では、専門的な技術と知識を活用して緩和ケアが行われます。身体の痛みや辛さ、精神的な負担や苦しさを緩和することを重視したケアであることが特徴です。がんが進行することによって、心身への苦痛が目立ち、がんの完治に向けた手術や薬物療法、放射線治療などの効果が得られない、もしくは治療を望まない人を対象として緩和ケアが行なわれています。

医療用麻酔を使った緩和ケア

痛み緩和を目的として、麻酔を使った緩和ケアが行なわれることもあります。世界的にみても効果と安全性が高いとされている治療法です。痛みの段階によって鎮痛薬も使用されます。

痛みの治療と聞くと「医療用麻酔のモルヒネ」を想像すると言う人もいるでしょう。モルヒネと聞いて「中毒になりそう」「最後に使うもの…」とマイナスなイメージをもつ人も少なくありません。しかし、これらは誤った認識であり、医師の指示のもと正しく使用していれば、マイナスイメージのような副作用は認められないと分かっています。

20年以上にわたる治療から、がんの痛み緩和にはモルヒネをはじめとする医療用麻薬の使用が効果的であるとされています。モルヒネの副作用に関して、吐き気・おう吐・眠気・便秘などが見られます。しかし、副作用の予防や治療もあるため、マイナスなイメージだけに縛られず、回復に繋がる1つの手段だと受け止めて、治療を検討するといいでしょう。

さまざまなケア方法

がんのケア方法にはいくつかの種類があります。それぞれのケア方法の特徴を見ていきましょう。

痛み止め

アスピリン、アセトアミノフェンなどの鎮痛剤を使用します。また、モルヒネやフェンタニールなど医療用麻薬を使用することも。飲み薬だけではなく、貼ったり注射をしたりする方法もあります。

神経ブロック

痛みの元となる神経を麻痺させるための注射を打って痛みを緩和する方法です。基本的に専門家がいる施設で治療が行われます。

放射線治療・骨セメント(経皮的椎体形成術)

骨まで届いたがんに、放射線治療や骨セメントと呼ばれる方法を施して痛みを緩和させる治療です。

針・灸・マッサージ

痛みを感じると自然と力が入り、筋肉が緊張します。そうすると痛みが増すため、鍼や灸、マッサージで筋肉をほぐして緊張を和らげます。

メンタルケア

緩和ケアだけではなく、精神科、精神腫瘍科や心療内科の医師や看護師、心理士などがメンタルケアを行います。話を聞くのはもちろん、場合によっては抗うつ剤や抗不安薬を処方することもあります。

緩和ケアを組み合わせる

がんの痛みを緩和させるには、麻酔や薬による治療のほかに、自分にとって安心できる場所で過ごす、音楽や会話を楽しむなど気持ちの面でもケアしていくことが大切です。医療とメンタルケアを組み合わせて、緩和ケアを受けましょう。

痛みは我慢せず伝えることが大事

痛みを感じる場合、いつ、どのようなタイミングで出るのかを伝えることが大切です。また、痛みの度合いを点数にして表示すると伝えやすいでしょう。さらに、痛み止めの効果について記録を取っておくと、後々役に立ちます。ガンが辛く、痛みを伴うということを、我慢したり諦めたりする必要はありません。辛いのであれば、その気持ちを他人に伝えることが辛さを緩和させるための第一歩だといえます。

がんと診断された際や治療段階、もしくは治療後であっても、痛みがあったり精神的に不安定な部分があったりする場合は、担当医や看護師に緩和ケアについて相談すると良いでしょう。ほかにも、がん相談支援センターやがん支援センターなどに緩和ケアの相談ができます。

ワサビスルフィニルの効果

 

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト