手術療法

ひまわり初回の手術後に再発や転移が見つかったケースであっても、転移の状況や患者さんの体力を見て、もう一度手術療法が適用される場合があります。

がん治療の基本は腫瘍の切除ですから、適切な手術が受けられれば完治や寛かいに近づくこともできるはず。

手術療法が受けられるかどうかは、その後の生活を左右する重要なポイントです。

転移でも手術が適応されるケースがある!

がんの転移や再発が分かったとき、ほとんどのケースでは手術を行わず、放射線治療や抗がん剤による化学療法などの全身治療に切り替えるのではないかと考えがちです。確かに、転移が広範囲に広がっているケースなど、手術療法が適用とならない症例もあります。

しかし現在のがん治療の一般論では、転移や再発が手術できる範囲でおさまっている場合なら、できるだけ切除してしまった方が、予後が良好に保てると考えられているそうです。

転移や再発が起こっても、外科手術によって腫瘍を取り除くことができれば、完治できる可能性がまだまだ残されているというわけです。

転移をすべて取り切れるかどうかがカギ

転移病巣への手術療法が適用となるかどうかは、病巣をすべて取り切れるかどうかにかかっています。基本的には、転移や再発がひとつの臓器内に留まっていて、腫瘍を取り切れると判断された場合は手術の適用となるそう。

例えば、肺と肝臓など2つの臓器に転移が見つかったケースでは、それぞれの転移巣の位置や大きさ、数などを見て、どちらもすべて切除できると判断された場合のみ、手術療法の適用となります。

手術後の生活に支障がない程度の切除がポイント

転移や再発に対する手術療法として注意しなければならないもうひとつの点は、腫瘍を切除した後の生活に支障をきたさない程度に、臓器の機能を残せるかどうかにあります。

手術療法では、腫瘍を取り除くと同時に臓器も一部切除してしまうわけですが、術後の生活の質を保つために、それまでの機能を維持できる程度の範囲に切除をとどめておく必要があるわけです。腫瘍をすべて取り除いても、臓器の機能を保てるかどうかの見極めが非常に難しいと言えます。

さらに、手術を受ける患者さんの体力が持つかどうかも重要なポイント。例えば、再発が見つかった時点で75歳を超える高齢である場合や、著しく体力が低下している場合などは、手術に耐えられないと判断して手術療法が適用されないケースが多いようです。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト