医療機関で行うこと

窓辺がんの治療は、腫瘍の切除や抑制など、がん細胞を取り除く治療を行うと同時に、再発や転移を予防する治療をセットで行うのが基本です。

ここでは、病院で行われる標準治療や、自由診療で行われる転移予防の治療方法について解説しています。

病院で行う標準治療による再発・転移予防

がんの標準治療の基本は外科治療。手術によって、がん細胞をきれいに取り除くのが原則であると言われています。

しかし、がん細胞は比較的大きな腫瘍にまで成長しなければ目に見えませんし、手術ですべてのがんを確実に取り除けるかどうか、というと疑問が残ります。手術の際にすべて取り除いたと思っていても、小さな細胞が残っていれば再発という形で現れ、血流やリンパの流れに乗ってしまっていたら、離れた場所に転移という形で現れてしまいます。

そこで、病院で行う標準治療では、切除手術の直後から放射線治療や抗がん剤治療を行って、体のどこかに残っているかもしれないがん細胞を、できるだけ減らしてしまおうという予防策を打つわけです。

この『外科手術』+『放射線療法』+『抗がん剤療法』の3つは、がんにおける3大治療法であり、転移&再発の予防法でもあるわけです。

自由診療で行う先端治療・免疫療法とは

多くの医療機関で行われているがんの標準治療は、外科手術で腫瘍を取り除く局所的な治療がメイン。全身に散らばったかもしれない、目に見えない微小ながん細胞を攻撃する方法として抗がん剤治療を行いますが、薬剤が体に合わない、強い副作用が出るなどの問題もあります。

そこで、副作用がなく全身治療が行える新しい方法として、がんワクチンや免疫療法に注目が集まっています。

免疫療法は、患者自身の血液から樹状細胞やNK細胞などの免疫細胞を取り出し、大量に培養して活性化させ再び体に戻す方法。本来持つ免疫機能を格段に強化させることができ、全身に散らばっているがん細胞を確実にマークして探し出し、破壊することが可能です。

自分自身の細胞を使っているので拒絶反応はありませんし、抗がん剤のように正常な細胞まで傷つけてしまうことがないので、副作用がありません。ただし、まだ新しい治療法で保険適用とならず、高額な治療費がかかってしまうのが唯一の問題点です。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト