東京都立駒込病院のがん治療情報

東京都立駒込病院公式HP
*画像引用元:東京都立駒込病院公式HP
http://www.cick.jp/

東京都立駒込病院は1879年に開設されて以来、長年にわたって様々な病魔と戦ってきた歴史ある病院です。当初は感染症の治療に力を入れ、がんが増加してきた1975年からは感染症に加えてがんの高度専門病院となりました。

今回は東京都立駒込病院のがん治療に関して、その特徴やがん治療を行う医師の紹介をしていきます。がん治療の病院選びにお悩みの方はせひご覧下さい。

東京都立駒込病院の理念と患者さんへの診療方針

東京都立駒込病院では患者さんへの情報提供に力を入れており、定期的に市民公開講座を開催しています。がんについての基本知識などを紹介することで、よりがん治療を身近なものに感じてもらえるような工夫が凝らされています。

また、セカンドオピニオンについても積極的に受け入れており、他の病院の治療で満足できなかった方の心のケアもしてくれます。

がん診療を行う科・部門の案内

東京都立駒込病院はがん治療に関しての専門家が多数在籍している病院ですが、中でも大腸がんに関して豊富な知識、実績を持ち合わせています。大腸外科の特徴についてご紹介いたします。

大腸外科の特徴

東京都立駒込病院の大腸外科は、これまでに豊富な手術実績を持っています。大腸キャンサーボード、外科、消化器内科、放射線診療科、化学療法科、病理科の専門家が一緒に治療方針を考えて治療を進めるという特徴があり、各科がともに連携をとって最新技術を共有しています。

アフターケアを重視した診療を目指し、再発、末期のがんに対しても個人の意見を尊重した治療を行ってくれます。在宅治療、入院治療の選択も最終的には患者さんが選ぶことができます。

大腸外科の診療概要

東京都立駒込病院の大腸外科では、主に直腸がんに対する機能温存術を行っています。この手術は全国に先駆けて導入されたもの。自律神経を温存することで排尿機能、性機能を損なわずに生活することができます。

他にも家族性腫瘍についても治療を行っており、家族にがん患者がいる場合の遺伝の可能性についてもしっかり検査を行います。骨盤内局所再発などに関しては外科的切除を行い、必要によっては術中照射などの治療も行います。患者さん一人一人に最適な手術方法を即座に考えて提案してくれるのでより安心して一緒に治療に取り組むことができそうです。

大腸外科の実績

  • 2016年手術実績
    - 863例
  • 2015年手術実績
    - 803件
  • 2014年手術実績
    - 840件

科・部門名医

高橋慶一 (たかはしけいいち) 医師

医師に関する説明

高橋慶一 (たかはしけいいち) 医師は30年以上東京都立駒込病院にて大腸がんに関する開腹手術を行ってきた実績のある医師です。2005年には「大腸癌治療ガイドライン」の編集委員を努め、大腸がんの最新知識も豊富です。遺伝性大腸がんの疾患のカウンセリング外来も開設しています。

医師の経歴

  • 1984年:山形大学医学部卒業
  • 1984年:東京都立駒込病院外科(現在のがん・感染症センター東京都立駒込病院)勤務
  • 2019年:現在同病院外科医長 大腸外科主任

病院情報

  • 病院・クリニック名:東京都立駒込病院
  • 所在地:〒113-0021 東京都文京区本駒込三丁目18番22号
  • アクセス情報:JR山手・京浜東北線 田端駅下車 徒歩 約15分
    東京メトロ千代田線 千駄木駅下車 徒歩 約15分
    都営地下鉄三田線 白山駅下車 徒歩 約15分
    東京メトロ南北線 本駒込駅下車 徒歩 約10分
  • 診療時間:月曜~金曜:9:00~17:00 土曜日 9:00~12:00
  • 休診日:日曜・祝日
  • 電話番号:03-3823-2101
  • 公式ページURLhttp://www.cick.jp/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト