熊本大学病院(旧:熊本大学医学部附属病院)のがん治療情報

熊本大学医学部附属病院公式HP
*画像引用元:熊本大学医学部附属病院公式HP
http://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/

2006年8月に、都道府県がん診療連携拠点病院に指定された熊本大学病院(旧:熊本大学医学部附属病院)は、熊本におけるがん診療の中枢を担っています。その中で、より専門的かつ質の高いがん診療を提供するために設立されたのが、熊本大学附属病院がんセンターです。

がん治療の三大治療法である、手術療法や放射線療法、がん化学療法だけではなく、緩和療法や支持療法、分子標的治療などあらゆる診療を組み合わせた統括的なケアを行っています。

熊本大学病院の理念と患者さんへの診療方針

熊本大学病院では、患者様本位の医療の実践、医学の発展及び医療人の育成に努め、地域の福祉と健康に貢献するという理念を掲げています。

診療方針もこの理念に基づき、患者様の希望や期待、要求を尊重する医療の実践、安全安心で質の高い医療サービスの提供、優れた医療人の育成、先進医療の開発と推進を土台に、患者様目線の医療を提供しています。

さらに、医療に係る安全管理のための指針や患者様と医療者のパートナーシップ方針など職員全体が同じ意識で患者様と向き合える環境を整えています。

がん診療を行う科・部門の案内

熊本大学病院では、外来化学療法センターとがん相談支援センター、がん登録センター、緩和ケアセンターを統括するがんセンターを設置しています。

集学的がん治療を実施する体制の整備、熊本県内の各地域病院の医療従事者に対するがん治療の教育および啓発、がん登録の実施支援という3つのミッションを行うがんセンターの中で、要となるのが外来化学療法センターです。

外来化学療法センターの特徴

今までは、がんの化学療法は副作用の発症に対応するため、入院治療が鉄則でした。しかし副作用に対する管理技術の進歩により、外来で化学療法を行うことが可能になっています。

がんの化学療法を、日常生活に支障なく安全に、かつ短時間で快適に受けられる外来化学療法を受けられるのは、熊本大学病院のがん治療の特徴です。

外来化学療法センターの診療概要

外来化学療法センターはベッドが12床、リクライニングシート6床を設置した完全予約制。それぞれモニターが設置されているので、自由にテレビを視聴できます。

化学療法における副作用のリスクも踏まえたうえで、患者様自身での安全管理も必要になります。その代わり、外来化学療法センターではいつでも副作用に対応できるよう、24時間体制を整えているのも特徴です

外来化学療法センターの実績

公式HPに記載がありませんでした

がんセンターの特徴

熊本大学病院のがんセンターには、化学療法を行う外来化学療法センターの他に、緩和ケアセンターやがん相談センター・がん登録センターなど治療やサポート、データ分析など幅広い部門を束ねています。

また、がん治療に必須の新薬開発や臨床試験は、臨床試験支援センターや薬剤部と協力しながら実施しているようです。

がんセンターの診療概要

熊本大学病院のがんセンターの治療方針は、放射線治療だけでなく、手術療法、化学療法、内視鏡や分子標的治療(低侵襲治療)などの集学的治療を前提として検討します。

また、がんサロン(毎月第3火曜日10時~12時)による、患者さんやご家族の皆さんへ向けた支援まで行ってもらえるのも大きな特徴です。患者さんの身体的苦痛を和らげるために、緩和ケアセンターの緩和チーム(主治医と看護師・公認心理士など)が支援しています。

放射線治療科の特徴

熊本大学病院には、放射線治療科もあります。また、放射線治療科では、放射線を活用した画像診断(がん検査)やがんの放射線治療、良性腫瘍に対する放射線治療、セカンドオピニオンまで対応しています。

放射線治療では腫瘍のみに照射し、出来る限り正常な細胞組織を守るよう高精度の医療提供を目指しているのが特徴的です。

放射線治療科の診療概要

放射線治療科では、初診・再診ともに月曜日から金曜日まで対応していて、がんおよび放射線の専門医が複数在籍しています。

治療には高エネルギーX線照射装置を使用したり、高精度3次元放射線治療(CTシミュレータを用いて腫瘍に高線量の放射線を照射)を行ったりと、症状に合わせて治療します。

科・部門名医

松岡雅雄(まつおかまさお)医師

医師に関する説明

がんセンター長、がん相談支援センター長を務める松岡雅雄医師。1982年に熊本大学医学部を卒業後、88年にはカリフォルニア大学バークレー校へ留学を経て、2016年に熊本大学の観戦免疫審査部部長も務めています。これまでにもウイルス研究所の所長を務めるなど、免疫に関する高い見識を誇っています。

医師の経歴

  • 1976年:熊本大学医学部入学
  • 1982年:同大学卒業
  • 1982年:熊本大学医学部附属病院第二内科(高月清教授)で臨床研修
  • 1984年:熊本大学大学院医学研究科入学
  • 1988年:同大学卒業
  • 1988年:カリフォルニア大学バークレー校へ留学
  • 1992年:熊本大学医学部附属病院第二内科助手
  • 1998年:同大学講師
  • 1999年:京都大学ウイルス研究所附属エイズ研究施設感染免疫研究領域教授
  • 2001年:附属エイズ研究施設長(2004年3月まで)
  • 2005年:新興ウイルス感染症研究センター長(2006年3月まで)
  • 2006年:ウイルス研究所副所長(2010年3月まで)、附属エイズ研究施設長(2008年3月まで)
  • 2010年:ウイルス研究所所長(2014年3月まで)
  • 2014年:ウイルス研究所附属ヒトレトロウイルス研究施設長
  • 2016年:熊本大学生命科学研究部 血液・膠原病・感染症内科学教授 感染免疫診療部部長

熊本大学医学部附属病院の口コミ

  • (前略)施設も新しく綺麗で、とても快適に過ごさせていただきました。今まで 大学病院は、勝手なイメージで苦手意識を持っていましたが、今回の入院で払拭しました。病院内にはタリーズコーヒー、焼きたてパン屋さん、コンビニが二店舗、ほかにも食事ができる施設等が揃っており、便利でした。
  • (前略)看護師さんは、もちろん優しかったのですが、皆さんが思いやりに溢れた方ばかりでした。はじめは私に関わる看護師さんの数が多くて驚いたのですが、皆さんの情報の共有もなされており、安心してお任せできました。 今の病院は当たり前なのかもしれませんが、私がはめていたバンドのバーコードで、薬の確認などもきちんと行われていました。(後略)
  • (前略)病院自体はさすが大学病院ですので綺麗です。血液検査もスムーズに行なっていただけます。あと、門前薬局での処方箋は時間がかかるので、家の近くの薬局で薬を処方してもらうのですが、病院から処方箋をFAXしてくださり、私が薬局に取りに伺う頃には薬ができ上がっているので、その点はいつもすごく助かるのでいいシステムだと思います。

引用元:caloo「熊本大学病院 の口コミ・評判」

  • 大学病院なので、先生が病棟診察後に外来に来られるのか?予約した時間よりも遅くなる事は多々ありますが、それでも先生が丁寧にみてくださるので、こちらに長く(年一回)お世話になってます
  • 以前の古い建物を建て替え、新しい施設になっています。とても綺麗な造りです。完全予約制なので待ち時間もほとんどありません。血液検査は午前はかなり混んでいますが… 何個かの科にかかったことがありますが、どこの先生も患者の方を見てしっかりと話をしてくれる印象です。何かあった時も、専門の科が同じ施設にあるので安心して受診できました。

引用元:EPARK「口コミ | 熊本大学医学部附属病院」

評判まとめ

熊本大学病院(旧:熊本大学医学部附属病院)で治療を受けた方の多くは、建て替え後の院内の清潔さや綺麗さについても注目しています。また、院内の設備には喫茶店やコンビニ・パン屋など、多種多様なお店がそろっているため、利便性という点でも評価されているようです。

完全予約制のため待ち時間は少なく、血液検査もスムーズ。医師や看護師達の対応も丁寧で優しいと評判です。さらに看護師や医師同士の情報共有も適切に行われているようで、スピーディに対応してもらえるようですよ。

処方箋については、病院側から薬局へ事前にFAXで内容を送付するため、薬局へ到着する頃には用意してくれる点も評価されているポイントの1つでしょう。

病院情報

  • 病院・クリニック名:熊本大学病院(旧:熊本大学医学部附属病院)
  • 所在地:〒860-8556 熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
  • アクセス情報:鹿児島本線 熊本駅から15分
  • 診療時間:初診 月曜~金曜 8:30~11:00時(要紹介状)
    再診 月曜~金曜 8:30~17:15
  • 休診日:毎週土、日曜、祝日、振替休日、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 電話番号:096-344-2111
  • 公式ページURLhttp://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト