名古屋大学医学部附属病院のがん治療情報

名古屋大学医学部附属病院公式HP
*画像引用元:名古屋大学医学部附属病院公式HP
https://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/

名古屋大学医学部附属病院は、1871(明治4)年の仮病院設立から長年地域に根差して活動してきました。現在は世界の名大病院を目指して、「国際医療機能評価機関JCI」の認定取得の準備を進めています。最新テクノロジーと高度な技術を備えた温かな医師の力を融合した、世界水準の医療を提供している病院です。

名古屋大学医学部附属病院の理念と患者さんへの診療方針

名古屋大学医学部附属病院は、基本理念の最初に「安全かつ最高水準の医療」を掲げています。その一環として情報通信技術を活用したIoT化を推進しています。テクノロジーと並んで温かな人間性を大切にした診療方針を掲げており、地域をリードする病院として長年信頼を集めてきました。

がん診療を行う科・部門の案内

名古屋大学医学部附属病院の産科婦人科は悪性腫瘍手術を優先的に行っています。特に卵巣がん治療をはじめとした症例数は全国有数で、安心して治療を受けることができます。

産科婦人科の特徴

中部地区の基幹病院として、最先端医療とセカンドオピニオンの提供を行っています。腫瘍の専門外来があるのでがん治療に特化した診療が可能です。

卵巣がん治療を筆頭にがん治療の症例数は全国トップクラス。「初期子宮体癌の腹腔鏡下手術」、「若年者の初期悪性腫瘍での妊孕性温存治療」にも力を入れています。

産科婦人科の診療概要

初診の受付時間は午前中8時30分から11時です。初診の場合、は診療時間がかなりかかるので時間に余裕をもって受診しましょう。

専門外来で診療を受けるのは初診の次からになります。良性疾患や一部の悪性腫瘍の治療は関連病院を紹介し、優先的に悪性腫瘍の手術を行っています。

産科婦人科の実績

  • 子宮頸癌87例(上皮内癌含む)
  • 子宮体癌105例
  • 卵巣癌101例
  • 絨毛性疾患12例
  • 分娩478例(うち帝王切開245例)
  • 母体搬送48例
  • 内視鏡下手術235例
  • 体外受精113採卵周期

科・部門名医

吉川 史隆(きっかわふみたか)医師

医師に関する説明

吉川史隆医師は婦人科がん治療のエキスパートで、子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど豊富な実績を持っています。名古屋大学医学部附属病院の婦人科がん治療実績は吉川医師のリーダシップによって実現しているといっても過言ではありません。

様々な療法を適切に組み合わせ、可能な限り神経を温存したり、初期の症例では妊孕性温存手術を実施し妊娠可能な状態を維持するなど「患者に寄り添う」医師です。

医師の経歴

  • 1981年:名古屋大学医学部 卒業
  • 1986年:名古屋大学大学院医学系研究科 満了
  • 1988年~1990年:米国国立衛生研究所 (NIH) Visiting Fellow 採用
  • 1990年:名古屋大学医学部付属病院 助手採用
  • 1991年:名古屋大学医学部付属病院 講師昇任
  • 1999年:名古屋大学医学部付属病院 助教授昇任
  • 2002年:名古屋大学大学院 健康社会医学専攻(産婦人科学) 助教授配置換
  • 2004年:名古屋大学大学院 健康社会医学専攻(産婦人科学) 教授昇任

病院情報

  • 病院・クリニック名:名古屋大学医学部附属病院
  • 所在地:〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
  • アクセス情報:JR中央本線・鶴舞駅(名大病院口側)下車 徒歩3分
  • 診療時間:月曜~金曜:09:00~17:00
  • 初診受付:月曜~金曜:08:30~11:00
  • 休診日:土・日曜日、祝日、振替休日、年末年始12/29〜1/3
  • 電話番号:052-741-2111
  • 公式ページURLhttps://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト