岡山市立市民病院のがん治療情報

岡山市立市民病院公式HP
*画像引用元:岡山市立市民病院公式HP
http://okayama-gmc.or.jp/shimin/

岡山県岡山市にある「岡山市立市民病院」は、その名の通り、岡山市民から慕われ頼りにされている総合病院になります。昭和11年に一般病床45床という規模で本病院を開設し、今では様々な患者を受け入れることができる大きな病院へと成長しています。

常に患者のことを想う気持ちで診療をすることが大きな特徴の病院です。

岡山市立市民病院の理念と患者さんへの診療方針

理念は「心の通い合う医療の提供」「質の高い安全な医療」「健全で自立した経営と働きやすい職場」の3本柱となっています(岡山市立市民病院の公式HPより引用)。

これをベースとしているため、患者に対して治療に関する丁寧な説明をしつつ、患者側の要望をしっかりと尊重して治療にあたる方針となっています。

また、安全な治療ができるよう医師を始めとしたスタッフが働きやすい環境を用意して、よりよいサービスを提供できるようにしています。

がん診療を行う科・部門の案内

岡山市立市民病院には、婦人科のがん診療を行ってくれる科が設置されています。当然、婦人科なので、がん以外の子宮脱・骨盤臓器脱など様々な治療も行ってくれています。

婦人科の特徴

とにかく幅広い治療を行うことができるのが最大の特徴となります。例えば子宮頸がんだった場合、しっかりと状況を判断し、その判断結果を元に細かく治療スケジュールを立てていきます。

がん以外では、子宮筋腫の病気では、患者が望めば子宮温存の方針で治療ができる体制もあります。つまり、どのような婦人科系の病気でも臨機応変に対応することができることが特徴といえます。

婦人科の診療概要

経験豊富な医師や看護師が治療に当たるため、相談をすれば親身になって何かしらの方向性を示してくれます。また、より大きな病院での治療が必要になったとき、岡山大学病院への紹介状を用意してくれます。

婦人科の実績

公式サイトに実績の記述なし。

科・部門名医

平松祐司 (ひらまつゆうじ) 医師

医師に関する説明

腫瘍に対する治療に長けている名医です。難易度が高いと言われている「巨大・多発性子宮筋腫の核出手術」などの実績もあり、全国から平松医師を頼って足を運んでくるほどです。

また各種腫瘍治療の実績はトップクラスで、婦人科すべての初診患者の診療を行っています。つまり、岡山市立市民病院の婦人科に足を運んだ患者すべてを頭に入れているということです。加えて若手医師の育成にも定評があり、科全体の土台作りをすることもできる稀有な医師です。

医師の経歴

  • 1977年3月:岡山大学医学部 卒業
  • 1977年4月:広島市民病院、香川県立中央病院で研修
  • 1981年4月:岡山大学医学部大学院(~1985年3月まで)
  • 1989年6月:岡山大学医学部附属病院助手
  • 1995年9月:岡山大学医学部附属病院講師
  • 1999年4月:岡山大学医学部助教授
  • 2000年:Harvard Medical School, Joslin Diabetes Center留学
  • 2003年4月:岡山大学大学院医歯学総合研究科助教授(産科・婦人科学)
  • 2005年4月:岡山大学大学院医歯学総合研究科教授(産科・婦人科学)
  • 2007年4月:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授(産科・婦人科学)
  • 2017年4月:岡山市立市民病院産科婦人科 顧問として着任

病院情報

  • 病院・クリニック名:地方独立行政法人岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院
  • 所在地:〒700-8557 岡山市北区北長瀬表町三丁目20番1号
  • アクセス情報:山陽本線で岡山駅より北長瀬駅まで約4分
  • 診療時間:月曜~金曜:初診08:00~15:00 / 再診08:30~11:30、12:00~15:30
  • 休診日:土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)
  • 電話番号:086-737-3000
  • 公式ページURLhttp://okayama-gmc.or.jp/shimin/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト