大阪医科大学附属病院のがん治療情報

大阪医科大学附属病院公式HP
*画像引用元:大阪医科大学附属病院公式HP
http://hospital.osaka-med.ac.jp/

大阪府高槻市にある「大阪医科大学附属病院」は、特定機能病院、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、大阪府地域周産期母子医療センター、大阪府肝疾患診療連携拠点病院など、公的機関から30項目以上の指定を受けている地域中核病院です。2015年には、その質の高い医療が認められ「日本医療機能評価機構 病院機能評価 3rdG」にも認定されています。

また、高度な研究、人間性と高い専門技術を併せ持つ医療人の育成にも積極的に取り組んでいます。

大阪医科大学附属病院の理念と患者さんへの診療方針

「社会のニーズに応える安全で質の高い医療を皆様に提供するとともに、良識ある人間性豊かな医療人を育成する」ことを理念として掲げ、日々診療と医療人の育成に努めています。

大阪医科大学附属病院では、患者さんの権利がまず優先されます。人間としての尊厳を尊重された医療を受ける権利、安全で質の高い医療を平等に受ける権利、病気や治療について十分な説明と情報提供を受ける権利、治療内容を自らの自由意志に基づいて選択する権利、治療内容を選択する一助としてセカンドオピニオンを求める権利、個人情報が守られる権利など、患者さんを第一に考え、日々の診療に反映しています。

がん診療を行う科・部門の案内

ここでは、大腸がんに対する難易度の高い治療法において国内外でトップレベルの実績を持つスペシャリストが在籍する「消化器外科・大腸班」について、がん治療の情報を紹介します。

消化器外科・大腸班の特徴

消化器外科では、消化器ごとに専門的な医師を班(チーム)に分けて診療を行っています。大腸班では、大腸がん、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)、家族性大腸腺腫症、大腸憩室炎などの専門的外科治療を、麻酔科・化学療法科・肝臓外科・泌尿器科・婦人科など、関連各科と連携して提供しています。

大腸がんの手術は、その97%以上が腹腔鏡で、すでに「4,000例以上」と国内のみならず世界トップレベルの手術症例数を誇るのが特徴。また、直腸がんは出来るだけ従来からの肛門を温存する「肛門機能温存手術」の評価が高いです。

消化器外科・大腸班の診療概要

患者さんの状態・希望に応じて様々な集学的治療を行うのが基本とし、大腸外科治療を専門とする大腸班(大腸外科チーム)が、関連各科とのスムーズな連携のもとに根治性と低侵襲性に加えて術後の生活の質も高められる最高のチーム医療を目指し、実践しています。

「統合的3D-CT画像(お腹の地図)」という、最先端の放射線診断技術を国内外で初めて応用し、腹腔鏡下大腸がん手術をより安全・的確・迅速に行うための秘密兵器として役立てています。高い技術力と豊富な実績もあり、同科の腹腔鏡下大腸がん手術では、開腹大腸がん手術と比べて術後の再発も少なく良好な成績を得ています。

肛門機能温存手術なども含め、患者さんの負担やリスクが少なく術後の状態も考慮された治療を受けることが可能です。

消化器外科・大腸班の実績

  • 2017年手術実績
    - 大腸がん457例
  • 2016年手術実績
    - 大腸がん502例
  • 2015年手術実績
    - 大腸がん512例

科・部門名医

奥田 準二 (おくだじゅんじ) 医師

医師に関する説明

奥田 準二 (おくだじゅんじ) 医師は、国内外でもトップクラスの実績を持つ消化器外科・大腸班の指導医を努める名医中の名医。主に大腸がんを対象とした治療に強く、「腹腔鏡下大腸切除術」と「究極の肛門温存術」のスペシャリストとして世界でも有名です。

日本人で初めて腹腔鏡下大腸手術の公開手術を行った経験から、国内だけでなく欧米・アジア諸国などから数多くの依頼手術・出張手術・公開手術を求められるなど、グローバルに活躍しています。

医師の経歴

  • 1958年:大阪府大阪市生まれ
  • 1984年:大阪医科大学 卒業、 同年6月 大阪医科大学一般・消化器外科入局
  • 1996年:米国オハイオ州、クリーブランドクリニック大腸外科留学
  • 1997年:大阪医科大学一般・消化器外科 内視鏡外科チーフ
  • 2003年:同 大腸外科チーフ
  • 2003年:同 診療助教授
  • 2005年:同 大学病院 消化器外科
  • 2007年:同 准教授
  • 2007年~現在:同 大腸肛門外科・内視鏡外科 指導医
  • 2012年~現在:中国広東省 広州中医科大学第二附属医院 客員教授
  • 2013年~現在:中国 北京 中日友好医院 客員教授
  • 2014年~現在:大阪医科大学附属病院がんセンター 特務教授
  • 2017年~現在:中国 上海市東方医院 名誉教授

病院情報

  • 病院・クリニック名:大阪医科大学附属病院
  • 所在地:〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7
  • アクセス情報:JR東海道本線「高槻」駅から徒歩で約8分
    阪急京都線「高槻市」駅から徒歩で約3分
  • 診療時間:月曜~土曜(第1・3・5):09:00~13:00
    (休診日:第2第4土曜日・日曜日・祝日・創立記念日6月1日・年末年始12月29日~1月3日)
  • 電話番号:072-683-1221(代表)
  • 公式ページURLhttp://hospital.osaka-med.ac.jp/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト