洛和会音羽病院のがん治療情報

洛和会音羽病院公式HP
*画像引用元:洛和会音羽病院公式HP
http://www.rakuwa.or.jp/otowa/shinryoka/

京都府京都市にある「洛和会音羽病院」は、高度急性期病院を目指し高度な医療を提供する病院です。救命救急センターを併設し、がん治療推進病院・災害拠点病院・地域医療支援病院など、京都市圏内の医療において重要な役割を担っています。

また、洛和会丸太町病院、洛和会音羽記念病院、洛和会みささぎ病院、健診センター、洛和会京都看護学校、訪問看護ステーション、在宅介護支援センターなど多数の医療・福祉施設を有する「洛和会ヘルスケアシステム」の中核病院でもあります。

洛和会音羽病院の理念と患者さんへの診療方針

「地域の患者さんのニーズに応え、質の高いヘルスケアサービスを提供する」ことを目標に、患者さんと信頼関係が築ける病院を目指しています。

洛和会音羽病院は、全ての患者さんの権利を重視し、患者さん本位の診療方針を定めています。安全で適切な医療と介護を受ける権利・人格を尊重される権利・自分の病気について十分に説明を受ける権利・自分の病気について自分の意思で治療方針を決定する権利・自分の治療について知る権利・自分が受けた医療について第3者に相談する権利・個人情報が保護される権利を守り、日々の診療を行っています。

がん診療を行う科・部門の案内

ここでは、消化器がんの累計手術件数3,000例以上の実績を持つエキスパートが在籍する「外科・脈管外科」のがん治療情報について紹介します。

外科・脈管外科の特徴

外科・脈管外科は、胃がんや大腸がん・急性虫垂炎・胆石症・肝胆道膵臓がんなどの消化器疾患、ヘルニアなどの一般外科疾患だけなく、乳腺疾患や小児外科疾患・下肢静脈瘤のような末梢血管疾患などにも対応し、救急疾患にも幅広く対応する診療科です。日本外科学会および日本消化器外科学会の認定施設、日本乳がん学会の関連施設でもあります。

ガイドラインおよび最新のエビデンスに基づく治療を行い、あくまでも患者さん本位の治療を基本とし、常に患者さんおよびご家族と十分な話し合いを行った上で治療方針を決定しています。

外科・脈管外科の診療概要

外科・脈管外科では、身体への負担を極力小さくすることを前提に手術方法を決めており、消化器疾患に対しては、身体に大きな傷を付けずに比較的小さな傷で手術できる腹腔鏡下手術が主軸です。胃がんに関しても、蓄積した3,000例以上のデータを参考に個々の患者さんに最適な手術方法を相談しながら選択していきます。もちろん、手術技術のレベルアップにも余念がなく、技術向上に励んでいます。

患者さんへの診療は、チーム医療が基本。他診療科の医師だけでなく看護師、薬剤師、リハビリ、事務方まで幅広いチームを組んでバックアップ体制を整えています。

外科・脈管外科の実績

  • 2017年の実績
    - 手術数831例
    - 患者数665人

腫瘍内科の特徴

腫瘍内科では、消化器がんをメインに、必要に応じて外科、放射線治療科ともに、安全で、生活の質を重視した化学療法を実践しています。稀ながんの診療にも取り組んでいて、高次医療機関とも連携。患者さんの要望に合った治療を心がけています。

化学療法が進歩しているおかげで、進行がんと診断されても、悲観しないで良い時代になりました。治療の長期すると、化学療法の副作用や苦痛の緩和などの問題がでてきます。そのため、患者さんの生活の質に重点を置いた治療計画が必要不可欠になっています。

腫瘍内科の診療概要

化学療法についてつらい治療というイメージありますが、きちんと管理すれば、生活の質を維持できます。がん治療を受けることで、完治の可能性を高められることやがんの進行を遅らせることができるようになってきました。早期発見のがん治療では、完治を目指して手術や放射線を使用して処置をします。

放射線治療科の特徴

放射線を使った治療は、がん細胞の分裂を阻止して、腫瘍を小さくすることが可能です。治療は体の外から照射する、病巣付近に入れて体内から照射する2つの方法があります。幅広いがんに使えるため、高齢の患者さんでも比較的無理なく治療を受けられます。のどや首などのがんでは、切除せずに治療ができるので、患者さんの体にかかる負担も少ないでしょう。転移したがんにも有効で、末期がんはもちろん、初期のがん治療としても放射線治療は行われています。

放射線科の診療概要

放射線治療は各がんに対して根治の確率が高い傾向にあります。臓器を温存しながら、治療が行われる根治的放射線治療はもちろん、個人差はありますが痛みの緩和、出血の軽減なども見込めるため、生活の質を保てます。患者さんに合わせた日程・時間や回数で、治療が可能です。

科・部門名医

高橋 滋 (たかはししげる) 医師

医師に関する説明

高橋 滋 (たかはししげる) 医師は、外科・脈管外科に在籍する「消化器がんの累計手術件数3,000例以上」という実績を持つ手術のスペシャリスト。その高い手術技術によって、術後の合併症のリスクや、手術による患者さんの身体への負担を少なくする手術方法の選択を可能とし、より患者さんに寄り添った手術を行える数少ない医師です。患者さんへの説明をより分かりやすくするため、胃がん以外にもポピュラーな疾患に関しては執刀した手術を編集して説明ビデオを作成するなど、あくまで患者さん中心の治療を行っています。

また、学会のセッションなどで自身の手術ビデオを積極的に発表し、手技の向上と術式の普及にも努めています。

医師の経歴

  • 1981年:京都府立医科大学 卒業、第一外科入局
  • 1983年:京都第二赤十字病院副部長
  • 2001年:静岡がんセンター胃外科医長
  • 2004年:近江八幡市立総合医療センター 外科部長
  • 2012年:洛和会音羽病院 外科部長
  • 2014年:洛和会音羽病院 副院長
  • 2015年:洛和会丸太町病院 院長
  • 2018年:洛和会音羽病院 外科・脈管外科

洛和会音羽病院の口コミ

  • (前略)予約制ですが少しずつ順番がずれ込んでしまうため、待ち時間がありました。一時間くらいずれるずれることもありました。一度、急遽受診したときは予約をしていなかったので、かなり待ちました。できるかぎり予約して受診することをおすすめします。 女性の先生でしたが、優しく頼りになります。質問したことにもにもきちんと答えてくれました。看護師の方も親切で話しやすいです。先生は男性、女性と何名かおられます。
  • 引用元:caloo「医療法人社団洛和会洛和会音羽病院の口コミ・評判」

  • (前略)ここはかかりつけ医からの紹介状がないと初診で3,000円とられます。(私は他科で通院していたので大丈夫でしたが)待ち時間は長い方だと思いますが、会計は自動(機械)で出来ますしクレジットカードも使えますのですぐ終わります。アクセスは山科駅からバスが出ていますがバス停はなく待合もないです。駐車場は広いので車の方が通院しやすいと思います。

引用元:caloo「医療法人社団洛和会洛和会音羽病院の口コミ・評判」

評判まとめ

洛和会音羽病院は、混みあうことが多いようです。また、予約をしても待ち時間が長くなってしまう傾向にあるようなので、もし受診するのであれば前もって予約をしていた方がいいかもしれません。 女医さんの対応に関して、親切できちんと対応してくれると口コミでは書かれています。相談がしやすいと言えるでしょう。医師の数に関しても多いようなので、ご自身と相性のいいドクターを見つけやすいかもしれませんね。アクセスに関してはバス停や待合がないようなので、遠方から来る人は少し大変でしょう。駐車場が広いとのことなので、車で通院できるのであれば車を利用するといいかもしれません。会計に関しては自動会計になっており、クレジットカードが使えるようです。

病院情報

  • 病院・クリニック名:洛和会音羽病院
  • 所在地:〒607-8062 京都市山科区音羽珍事町2
  • アクセス情報:京阪「四宮」駅から徒歩で約15分、JR・京阪・地下鉄「山科駅」から徒歩で約20分
  • 診療時間:月曜~土曜:08:30~12:00、13:30~17:00
    (休診日:日曜・祝日・年末年始12月30日~1月3日)
  • 電話番号:075-593-4111(代表)
  • 公式ページURLhttp://www.rakuwa.or.jp/otowa/shinryoka/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト