信州大学医学部附属病院のがん治療情報

信州大学医学部附属病院公式HP
*画像引用元:信州大学医学部附属病院公式HP
http://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/

長野県松本市にある「信州大学医学部附属病院」は、長野県唯一の国立大学病院であり、特定機能病院など23もの重要な役割を果たす病院です。災害拠点病院、都道府県がん診療連携拠点病院、高度救命救急センター、地域周産期母子医療センター、長野県災害派遣医療チーム(長野県DMAT)指定病院、難病医療拠点病院などに指定。大学病院として医療人の育成と先進的な医療の提供を行っています。

信州大学医学部附属病院の理念と患者さんへの診療方針

「診療・教育・研究を遂行する大学病院としての使命を有し、また患者さんの人権を尊重した先進的医療を行うとともに、次代を担う国際的な医療人を育てる」こと理念とし、先進的な医療の提供と次世代の医療人の育成に心血を注いでいます。

さらに、「心の通い合う透明性の高い医療を行い、病気の予防、診断、治療に全力を尽くす」という目標を掲げ、患者さんを尊重した医療の提供を行っています。人間としての尊厳を保ちながら最善の医療を公平に受ける権利、充分に納得できるまで説明と情報を受けた上で治療方法などを自らの意思で選択できる権利、自分の診療記録の開示を求める権利、個人情報の保護など、患者さんの権利を尊重した診療方針で日々職務に努めています。

がん診療を行う科・部門の案内

ここでは、進行子宮がんや卵巣がんなどの累積執刀症例が約500例を超える医師が科長を務める「産科婦人科」について紹介します。

産科婦人科の特徴

信州大学医学部附属病院は長野県における周産期医療の基幹病院であり、産科婦人科はハイリスク妊娠・分娩に対する専門的な母体・胎児・新生児の管理や、婦人科がんの治療、不妊治療、更年期や骨粗鬆症など、女性を一生涯サポートする診療科です。

がん治療に関しては、子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんといった婦人科がんが対象疾患。手術療法に加え放射線療法や化学療法も組み合わせ、患者さん1人ひとりに最適化した治療法を決定します。

また、身体面だけでなく精神面にも配慮し、苦痛や精神的な辛さを緩和・予防する治療にも力を入れています。

産科婦人科の診療概要

精密検査でがんの進行度合いを見極め、治療方針を決定。手術療法、放射線療法、化学療法の3本柱を組み合わせ、患者さん1人ひとりに合わせて治療を行っています。

子宮頸がんの進行がんには「術前ネオアジュバンド動注化学療法」を取り入れ、生存率を向上させることに成功。がんのタイプ・進行度に応じた適切な治療法の選択、患者さん1人ひとりの状況や今後も考慮に入れた治療方針の決定、患者さんのQOLの向上を目的とした緩和治療なども含め、万全の診療体制が整っています。

産科婦人科の実績

  • 2016年治療実績
    - 子宮頸がん63例
    - 子宮体がん54例
  • 2015年治療実績
    - 子宮頸がん54例
    - 子宮体がん72例
  • 2014年治療実績
    - 子宮頸がん64例
    - 子宮体がん53例

科・部門名医

塩沢 丹里 (しおざわたんり) 医師

医師に関する説明

塩沢 丹里 (しおざわたんり) 医師は、信州大学医学部附属病院産科婦人科の科長を務める婦人科がん治療のエキスパートです。進行子宮がん、卵巣がんなどの累積執刀症例は約500例を超え、子宮頸部嚢胞性病変の対応に関しては、国内でも有数の豊富な実績を有していることでも知られています。

正確な病態診断と徹底した治療前カンファレンスを行い、患者さんを中心とした治療方針を提案。精神面のサポートまで考慮した治療を行うことで、地域医療の中核を担う存在として多大な貢献をしています。

その一方で、信州大学医学部産科婦人科学教室の教授として、婦人科腫瘍領域の研究、次世代の医療人の育成にも力を入れ、さらなる発展に寄与。地域医療に貢献し、婦人科腫瘍領域において最前線で活躍する1人です。

医師の経歴

  • 1986年:信州大学医学部 卒業
  • 1990年:信州大学医学部産婦人科学修了
  • 1990年:信州大学医学部助手
  • 2001年:信州大学医学部講師
  • 2005年:信州大学医学部助教授
  • 2007年:信州大学医学部准教授
  • 2008年:信州大学医学部教授

病院情報

  • 病院・クリニック名:信州大学医学部附属病院
  • 所在地:〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
  • アクセス情報:JR篠ノ井線「松本」駅からタクシーで約10分(バスの場合は約15分)
  • 診療時間:月曜~金曜09:00~17:00
    (休診日:土曜・日曜・祝日・年末年始12月29日~1月3日)
  • 電話番号:0263-35-4600
  • 公式ページURLhttp://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト