昭和大学病院のがん治療情報

昭和大学病院公式HP
*画像引用元:昭和大学病院公式HP
http://www.showa-u.ac.jp/SUH/

1928年に開院した昭和大学病院。内科、外科に加え、中央診療部門として、放射線診断科、放射線治療科が設置されており、多角的な治療が行えます。

昭和大学病院の理念と患者さんへの診療方針

昭和大学病院では「患者本位の医療」「高度医療の推進」「医療人の育成」の3つの基本理念を掲げています。中でも特に患者本位の医療を重視していて、患者を様々な角度からサポートするためのチーム医療の確立に力を入れています。トータルサポート力に定評のある安全安心第一の病院といえます。

がん診療を行う科・部門の案内

昭和大学病院のなかでも、乳腺外科は2010年に開設された科です。がんの初期治療や再発乳がんへのサポートを行います。

乳腺外科の特徴

乳腺外科の診療は、2010年に開設した昭和大学病院ブレストセンターにて行われます。ブレストセンターではチーム医療が展開され、初期治療や再発乳がんの治療を腫瘍センター・緩和ケアセンター等と連携したトータルサポートを受けることができます。

乳腺外科の診療概要

ブレストセンター内では、一連の乳がんの検査と診察を効率よく受けることができるよう機材が準備されています。必要に応じて、乳房組織生検もセンター内で行うことができます。

カウンセリングルームも設置されており、予約を取ればセカンドオピニオン・遺伝カウンセリングを受けることも可能です。

乳腺外科の実績

  • 2015年診療実績
  • - 腫瘤摘出術 24例
  • - 乳房温存手術 167例
  • - 乳頭乳輪温存乳房切除術 40例
  • - 乳房切除術 220例
  • - 再発巣切除など そのほか 1例
  • - そのほか SAVI挿入術 7例
  • - エキスパンダー挿入による再建術 111例
  • - Direct Imp 挿入による再建術 5例

科・部門名医

中村清吾(なかむらせいご)医師

医師に関する説明

中村清吾医師は昭和大学医学部乳腺外科の教授を務める医師で、乳がんの治療を専門とするエキスパートです。前職の病院では乳がん治療を消化器外科から独立させ体制を構築するなど、日本の乳がん治療をリードしてきました。

現在は遺伝性乳がんに注目し、遺伝子カウンセリング等の制度認可を訴えるなど最前線を走り続けています。

医師の経歴

  • 1982年:千葉大学医学部卒業後、聖路加国際病院外科にて研修
  • 1993年:2月 同病院情報システム室長兼任
  • 1997年:M.D.アンダーソンがんセンターほかにて研修
  • 2003年:5月 聖路加国際病院外科管理医長
  • 2005年:同病院ブレストセンター長(初代)・乳腺外科部長
  • 2006年:聖路加看護大学 臨床教授兼務、日本赤十字看護大学 非常勤講師
  • 2008年:千葉大学医学部 臨床准教授兼務
  • 2010年:昭和大学医学部外科学講座乳腺外科部門 教授、昭和大学病院ブレストセンター長、臨床遺伝医療センター長兼務
  • 2014年:4月 昭和大学薬学部病院薬剤学兼担講師、徳島大学客員教授
  • 2016年:2月 天津医科大学客員教授

病院情報

  • 病院・クリニック名:昭和大学病院
  • 所在地:〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
  • アクセス情報:旗の台駅より徒歩約5分
  • 診療時間:平日8:30~17:00
    土曜診療 8:30~13:00(目黒区検診およびセカンドオピニオン外来のみ)
  • 休診日:日曜日、祝祭日、創立記念日(11月15日)、年末年始、その他学会開催時など)
  • 電話番号:03-3784-8000(代表)
  • 公式ページURLhttp://www.showa-u.ac.jp/SUH/
  • 問い合わせメールアドレス:なし
イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

運営者情報

©がんの転移が心配なときに読むサイト