日常生活でできること

窓辺がんの転移や再発を予防するためにできることは、些細な日常生活においてもたくさんあります。

食事の内容や食べ方、運動やリラックスできる趣味など、ほんのちょっと気を付けるだけでがんの転移を防ぐだけではなく、健康な身体や充実した日々が手に入ります。

転移予防の観点から、日常生活の過ごし方について考えてみましょう。

食生活の改善が転移・再発予防の基礎

がん細胞を抑制するカギは、毎日の食事にあるといっても過言ではありません。

基本的には、赤身の肉はがん細胞を活性化させる可能性が高いとされているので、1日80g以下に抑えるよう注意します。逆に野菜や果物には、がん細胞の増殖を抑制する働きがあることが分かっており、野菜中心の食生活へ改善した人の方が予後の経過が良いというデータもあるそうです。ほかに、青魚や豆類、きのこなどもがん細胞抑制効果が期待できます。

さらに、過食による栄養過多も、私たちの体にとっては大きな負担。動物性脂肪と塩分の多い食事、過度の飲食などは、がん予防だけでなく、糖尿病や高血圧などの生活習慣予防の観点から言っても、避けなければならない問題です。

がん予防に役立つ食事のポイントについて、以下にまとめてみました。

  • 動物性たんぱく(肉)を減らして、白身や青魚、野菜中心の食事にする
  • 納豆や豆腐など大豆製品には、がん細胞の増殖を抑える作用がある
  • キャベツやブロッコリーなど、アブラナ科の野菜には抗がん力を高める作用がある
  • キノコ類は免疫力を高める作用がある
  • ショウガにはガン細胞の増殖を抑える作用がある
  • 抗酸化作用のある製品(ビタミンCやポリフェノール類など)を摂取する

体力に合った運動が転移や再発を防ぐ

1日の運動時間が少ない人は、がんにかかりやすいという研究結果があるそうです。血流を促進して新陳代謝を高めたり、気分をリフレッシュさせる効果もあるので、ウォーキングや軽いジョギングなど、無理のない程度に行うのがおすすめ。

「運動はどうも苦手で…」という人は、『ウォーキングに出かけなければ!』というだけでプレッシャーになってしまう可能性があるので、仕事や家事でできるだけ体を動かすように心がけるなど、ストレスにならない程度の軽い気持ちで運動しましょう。

ストレスを溜めない生活で心身ともに健康に

食生活の改善と共に、最も重要だとされているのはストレス管理。人間はストレスを感じると、急激に免疫機能が低下すると言われているからです。

私たちが普段、ストレスに対抗するために分泌する副腎皮質ホルモンは、残念ながら免疫細胞の働きを低下させてしまう作用があります。さらに、ストレスで交感神経の緊張状態が続くと、消化器官の働きを抑制してしまうことが分かっていますし、便秘や栄養障害、血流障害など様々な問題が発生します。

免疫機能の低下は、ウイルスや細菌感染、がん細胞への抵抗力が落ちてしまうことを意味します。本来なら自身が持つ免疫力で食い止められるはずのがん細胞の増殖が、止められずに大きな腫瘍へと成長させてしまうことになるわけです。

ですから、ストレスをできるだけ感じないように生活すること、感じてしまった時は解消する方法を考えておくとよいでしょう。気軽にできる趣味や運動で、ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト