転移しやすい場所

椅子と花がんの遠隔転移は全身のあらゆる場所で発生しますが、特に転移巣ができやすい臓器や器官があります。

それらの臓器は、原発がんの治療後も注意して検査などを行わなければなりませんから、ぜひチェックしておきましょう。

がんの転移先になりやすい臓器とは

がんの転移には2つのパターンがあります。ひとつは、腫瘍が元々の臓器から飛び散って周囲の臓器や器官に転移する場合。もうひとつは、腫瘍が血管などに入り込んで血流やリンパの流れに乗り、全身に転移する場合です。

原発がんの周辺にある臓器やリンパ節、器官などの転移は注意して検査を行いますし、必要な場合は原発巣と共に切除してしまうことも多いもの。

しかし、離れた場所への遠隔転移は、よほど気を付けておかないと発見が遅れてしまいます。そこで、遠隔転移が発生しやすいとされる臓器にポイントを絞って、定期的にチェックしておく必要があるのです。

全身の器官の中でも、遠隔転移が起きやすい臓器というのが決まっているそうで、大抵は『全身から血液が集まりやすい場所』や、『微細な血管が多い場所』というような特徴があります。

転移先となりやすい代表的な臓器は、肝臓や肺、脳など。いずれも、全身から血液が集まり、細かな毛細血管が多い臓器や器官です。血流やリンパに乗って流れ着き、定着しやすい場所ということになるでしょう。

転移しやすい臓器とその特徴

転移先となりやすい臓器について、特徴や転移した場合の症状などをまとめて紹介しましょう。

肝臓

肝臓に発生するがんの実に9割がほかの臓器から転移してきた、転移性肝がんであると言われています。肝臓へ転移してくるがんの代表的なものは、胃がんや大腸がん、胆管がんやすい臓がんなどの消化器系がん。ほかに、乳がんや肺がん、腎がん、子宮や卵巣がんからの転移も多いそうです。

肝転移をできるだけ早く見つけるために、腫瘍マーカーと超音波検査やMRI、CTなどの画像診断を定期的に行うことが大切です。

肺は全身の血液が通るフィルターのような役割を果たしている臓器であり、血流にのってがん細胞が流れ着きやすい場所でもあります。ですから、全身からがんが転移する可能性が高いのです。

特に肺だけに転移が起こる症例が多いのは、大腸がん、腎臓がん、骨肉腫、乳がんなど。原発がんの性質によって、転移の仕方や症状も少し違っているそうです。大腸がんや胃がんは、肺の付け根の部分の肺門への転移が多く、進行すると太い気管支にも浸潤して肺炎や呼吸困難を起こすことがあります。しかし、骨肉腫や甲状腺がんなどは、肺の外側にある末梢部分に転移することが多いので、大きな症状が出にくく発見が遅れてしまいます。

転移先から症状が出る前に、胸部X線や胸部CT検査などを定期的に受けておく必要があります。

血流に乗ってほかの臓器から脳へ転移してきた腫瘍を、転移性脳腫瘍と言います。頻度が高いとされているのは肺がんで、転移性脳腫瘍の約半数は肺からの遠隔転移です。ほかに、乳がんや腎がんからの転移も多いとされています。

転移してきた脳腫瘍への治療は、腫瘍の大きさや数はもちろん、原発がんの治療の状況、ほかの臓器への転移の状況などを見ながら行います。一般的に、抗がん剤などの化学療法の効果が薄いとされているので、腫瘍摘出手術やガンマナイフなど定位放射線照射が行われるそうです。

いずれにせよ、脳転移が見られる症例はかなり進行している場合が多く、病状によっては積極的な治療を行わず緩和ケアだけを行う例もあります。

ワサビスルフィニルの効果

イメージ画像

おすすめのページ

RECOMMEND
再発・転移のサインって
あるの?
イメージ画像

転移は原発がんから離れた場所に起こることもあります。早期発見のカギは?

転移や再発を抑える
最新の代替治療って何?
イメージ画像

がん治療の効果を高め、転移や再発予防も期待される今注目の最新成分とは?

がんの不安をQ&Aで解消! イメージ画像

痛みを緩和するには?費用はいくら?保険は適用?などの疑問に答えます。

 

このサイトは個人がリサーチした情報をもとに制作しています。
詳細・最新情報につきましては、医療機関など公のサイトをご確認くださいますようお願いいたします。

©がんの転移が心配なときに読むサイト